YOASOBIヨアソビのギターや楽器・使用機材特集!

YOASOBIといえば2020年の紅白にも出場し、大きな話題を集めました。

特に2019年のデビュー曲「夜に駆ける」は発表7か月でYouTube2000万回再生を突破!ストリーミング累計回数5億回など圧倒的な大ヒットとなりました。

『夜に駆ける』は美しく透き通るIkuraさんのボーカルと、Ayaseさんの緻密に設計されたこのピアノカウンターメロがクセになり、聴く人を魅了します。

YOASOBIはプロデューサーのAyaseさんとシンガーソングライターのIkuraさんを中心としたユニットで、『小説を音楽にする』というコンセプトで活動をしており、『夜に駆ける』も『タナトスの誘惑』という小説から着想を得て創作されています。

そんな才能溢れるYOASOBIですがここ最近の活動の驀進で再注目されているAyaseさんの2019年のツイートがこちらです。

大ヒットを記録し、紅白に出場するような日本を代表する音楽ユニットの音楽制作環境がとにかくシンプルなのは衝撃的でしたね!

現在は構成が若干変わっているようですが、オーディオインターフェースも使わず新マックブックにヘッドホンでラフに作曲というシンプルなスタイルで作っているとのこと。

今回は日本の音楽界を牽引するユニットYOASOBIの使用機材を特集します!

目次

AyaseさんのメインPCはマックブックを使用

「夜に駆ける」時点ではなんと中古の2009年のマックブックを使用していたとのこと。

現在流通しているPCに比べたらスペック的にも強くないと思われる10万円程度の中古マックで初期の名曲を世に生み出していると考えると、感慨深いものがありますね!

現在はさすがに買い替えているようで、デスクトップであるiMacとMacBookを併用しているようですが作業部屋に入るのが面倒とのことで基本はMacBookProで完結しているようです。

恐らくですが現在は8コア16スレッド以上のモデルを使用しているのではないかと察せられます。

あわせて読みたい
DTMにおすすめノートパソコン選び!スペック解説!PCで作曲 2021年6月最新!
DTMにおすすめノートパソコン選び!スペック解説!PCで作曲 2021年6月最新!2021年6月8日リンク情報訂正・更新しました!DTMとはパソコンを使った作曲・音楽制作 でコンピュータミュージックを意味し、デスクトップミュージック(Desk top music...

AyaseさんDAWはLogicロジックを使用

Logicはアップルが提供する音楽制作ソフト通称DAWです。Logicの特徴としては

  • 他のDAWソフトに比べて約2万5千円と安い
  • DAWソフトとして動作が安定している
  • 特にマックブックなどアップルデバイスとの相性抜群

このような特徴が挙げられます。やはりマックブックを使っているなら、DAWは互換性の高いロジックというのも大きな選択となります。

実際DAWに関しては現在豊富な種類が出回っており、トライアルも含めていろいろなものを試してみると良いかと思います。

こういった様々な音楽制作ソフトが提供されています。当サイトではDAWの老舗であるスタインバーグのCUBASEをおすすめしています。

STEINBERG ( スタインバーグ )Cubase Pro 11 通常版 DAWソフトウェア最先端のミックス機能 80種類のオーディオエフェクト搭載

Ikuraさんのギター

YoasobiのボーカリストのIkuraさんはアコギでの弾き語りも行ってます。

Ikuraさんが使用しているギターはマーチンのEST 1833(イースト 1833)とのことです。3年前にはすでにこちらは使っていたようなので愛用しているようです。

弾き語りも澄んでいて透き通りのある素晴らしい歌声ですね!

AyaseさんのモニターヘッドはAudio-technica ATH-M40x

2019年の時点ではATH-M40xを使用しています。

ATH-M40xの特徴としては高解像度のモニターヘッドにして1万円弱というコスパの良さです。

オーディオテクニカのモニターヘッドホンは質の高さが人気ですが、定番のSHURE (シュアー)SRH840などおよそ365gあるのに対してATH-M40xは240gと軽量です。

アメリカにおける定番ヘッドホンという評価も高い上位モデルである ATH-M50xの遺伝子を受け継ぎ、新開発のユニットを使用。

1万円台にして最高の音楽制作モニタリング環境を実現します。

ここ最近新調したようです。やはりオーディオテクニカを重宝してるんですね!

Audio-technica ATH-M40xモニターヘッドホン

モニタースピーカーreProducer Audio Epic 5

価格:15万5千円~17万円

モニタースピーカーのreProducer Audio Epic 5はわりかし最近導入したようで音楽制作室を作った時に入れたとのことです。

2015年設立の新しい会社reProducer Audio 社の初の製品がEpic 5です。Epic 5は8面体の珍しくも美しいコンパクトなデザインが特徴で、スタジオスタンダートのモニタースピーカーを目指して3年かけて開発されました。

  • ドライバー
  • パッシブラジエーター
  • アンプ
  • ハウジング

など、スピーカーを構成する主な関連部品を自社開発している点に、こだわりと理想のデバイスを追及する美学を感じます。

プロフェッショナルなワークフローの中でより早く確実に決定を下せるよう、フラットな周波数特性、全周波数帯域における速いトランジェントレスポンス、広大かつ自然なダイナミックレンジ、そして低ノイズと低歪みに至るまで、「正しいサウンド」をもたらすためのあらゆる条件を備えています。

異色の8面体モニタースピーカー 正確なサウンドと美しいデザイン、そしてリーズナブルな価格設定 フラットな周波数特性、全周波数帯域における速いトランジェントレスポンス、広大で自然なダイナミックレンジ、そして低ノイズと低歪みに至る、「正しいサウンド」をもたらすためのあらゆる条件を備えたアクティブスタジオモニタースピーカー

AyaseさんMIDIキーボードRoland-A-49を導入

ああ

価格:1万8千円~2万3千円

こちらも作業場設営にあたっての導入とのこと。Ayaseさんはマウスによる入力で曲を作っているという説も聞いたことがありますし、上記のツイートでもそうですがMIDIキーボードなしでも創作できるようですね。

「頭の中で常にメロディが生れている」とサウンドレコーディング2021年3月号でも語られていますし、完全天才肌なのでしょうが、YOASOBIのサウンド面での魅力であるキャッチーで繊細なピアノリフがマウス入力ていうのはその感性に驚愕ですね!

弾き心地を徹底追求した本格シンセ鍵盤を採用。3つのプラットフォームに対応したMIDIキーボード・コントローラー。

YOASOBIヨアソビのギターや楽器・使用機材特集まとめ

Ayaseさんはギターもピアノも弾けるようですが基本的にMacBookでの打ち込みをベースに作曲をこなしているようです。

PCにヘッドホン直刺しだけでヒット曲を作り上げるその感性の高さには脱帽ですね!

YOASOBIの今後の活躍に大注目です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

DTM歴10年とちょっとでCUBASE(キューベース)で音楽制作してます。

オーディオインターフェースはアポロツインやUR28Mなど使用。

初心者にも分かりやすく情報の多い記事を心がけます!

目次
閉じる