オーディオインターフェース使い方!UR22MK2のPC接続方法!

DTMや宅録など現代のデジタル録音においてオーディオインターフェースは欠かせないデバイスです。

ヤマハスタインバーグのオーディオインターフェースであるUR22MK2は

  • IOとしてのクオリティの高さにして1万円台という安さ
  • DPREという高精度のマイクプリを搭載

しておりコスパの高さでDTMや配信するアーティストに大人気で最もポピュラーなIOの一つといえます。

 

初心者の方や始めてオーディオインターフェースを購入した方などは

  • オーディオインターフェースの使い方は?
  • オーディオインターフェースの接続方法は?
  • ドライバのダウンロードが必要なのか?

など戸惑うこともあると思いますので記事にします。

今回はスタインバーグのIOであるUR22MK2を使って接続方法や使い方を解説します。

あわせて読みたい
おすすめオーディオインターフェイスUR22mk2特集!
おすすめオーディオインターフェイスUR22mk2特集!【スタインバーグのUR22mk2!大人気シリーズの後継オーディオインターフェース!】老舗のオーディオメーカースタインバーグから以前発売されたオーディオインターフェ...

 

あわせて読みたい
2021年最新オーディオインターフェースおすすめ選び方!
2021年最新オーディオインターフェースおすすめ選び方!2021年3月29日リンク更新しました。オーディオインターフェースはDTMを行うにあたってパソコンと音楽製作ソフトDAWと並ぶ重要デバイスといえます。ひと昔前のデバイスに...
目次

IOとスピーカーを先に接続

PCとの接続後に音声が流れるか確認するためにもスピーカーをお持ちの方は先に接続しておきましょう

UR22MK2の裏側面の出力からIOとスピーカーをケーブルで接続します。

注意点はオーディオインターフェースのボリュームやGEIN(ゲイン)とスピーカーの電源は切った状態で繋いだほうが安全です。

写真のようにUR22MK2の主要なツマミは全部左に向けてミュートしています。

音量ツマミがあがった状態でのケーブルの抜き差しはデバイスの故障の原因にもなります。

PCとオーディオインターフェースを接続する

UR22MK2の接続端子はUSB2.0なので付属のUSBケーブルでパソコン側のUSBポートと接続します。

UR22MK2はUSBハブパワー対応なのでパソコンからの電源供給で可動できます

この本体のUSBの部分が白くつけばPCと正しく接続できています

当然オーディオインターフェースによって接続方式は変わりますので商品説明を把握して正しいケーブルやパーツを選びたいですね!

自分的にはアポロツインUSBとアポロMK2が当初接続が良く分からなかったのでちょっと苦労しました。。。。

あわせて読みたい
APOLLO TWIN-MK2とアポロUSBタイプ購入!WINDOWS環境の注意点!
APOLLO TWIN-MK2とアポロUSBタイプ購入!WINDOWS環境の注意点!【OSバージョン確認、THUNDERBOLT3、変換アダプタやらなにかとハードルがあるAPOLLOTWIN・・・】2019年1月にAPOLLO TWINのMK2ソロを購入しました。この紺がかった高級感...

ドライバーが入ってなければインストール

オーディオインターフェースに限らずプリンタやPCキーボードなど各種デバイスをPCで使用するためには動作に必要なプログラムであるドライバをパソコンにインストールする必要があります。

そのデバイスにもよりますが多くのものはPCと正しく接続出来たら自動でインストールされることが多いです。

スタインバーグのオーディオインターフェース用のドライバは「YAMAHA STEINBERG USB AUDIO」となります。

UR22MK2をつなぐと「YAMAHA STEINBERG USB AUDIO」が自動で読み込まれました。

ドライバが正しくインストールされているか確認してみる

ドライバがインストールされ、正しくオーディオインターフェースがPCに認識されている場合はパソコンの音声タブを押すとドライバ名が表示されているはずです。

パソコンの再生デバイスをUR22MK2に設定するとPCのサウンドカードではなくUR22MK2から出力されるという設定に変更されます。

オーディオインターフェースによってはDAWの出力が優先でPCのその他のプログラムは音声がミュートされる場合があります。

ドライバに不具合があったり最新のドライバじゃない場合はスタインバーグのHPのドライバページからインストールしましょう。↓↓

Yamaha Steinberg USB Driverダウンロードページ

音を出してみる!

これである程度使える状態になったかと思います。

音声が流れるか確認します。

何か音声ファイルや楽曲など流してみましょう。

右側のOUTPUTが出力をつかさどるツマミなので徐々に回していきます。

CUBASEなどDAWを立ち上げての音声確認はINPUT/DAWのツマミもあげないと出力されません。

DAWも立ち上げて設定しよう!

CUBASEなど音楽制作ソフトDAWを立ち上げてオーディオインターフェースが認識されているか確認しましょう。

CUBASEの場合は上のメニューバーから「スタジオ」(CUBASE以前のバージョンだとデバイス)から「スタジオ設定」(以前は「デバイス設定」)をクリック。

VSTオーディオシステムから専用ドライバである「YAMAHA STEINBERG USB AUDIO」を選択します。

これでDAW側がUR22MK2をサウンドデバイスのメインとして設定されました。

DAWの入出力を設定

次にDAWの入出力とオーディオインターフェースの入出力を一致させます。

スタジオ設定からオーディオコネクションを選び「入力」からUR22MK2INPUT1,2を選択します。

マイクなどライン入力はUR22MK2の入力1から入りますという設定です。

同じく出力を選択してOUTPUT1/L、OUTPUT2/Rになっているか確認します。

スピーカー置く位置を左右逆に間違っていたら後から困るのでご確認ください!

これでDAW側の設定は完了です!

音が流れるか再生してみましょう!

UR22mk2にヘッドホンを接続する

スピーカーを接続出来たらヘッドホンを繋げてみましょう。

UR22mk2のヘッドホンの入力端子はフォンジャックとなってます。3.5mのジャックの場合は変換プラグが必要となります。

「Phones」ツマミを上げることで音量調節ができます。

UR22mk2は「Phones」ツマミを上げるとスッっと音が立ち上がるので心地良いですよ!

IOとマイクの接続方法

マイクの接続端子をUR22MK2に接続します。

マイクはXLRと呼ばれる3本の端子が多いです。

UR22MK2の入力に刺します。

UR22mk2の場合マイクの先端がフォンでもXLRでも入力できます。

↓こういう接続プラグがフォンプラグです。

↓こういう接続プラグがXLRです。

コンデンサーマイクの場合は+48設定が必要!

コンデンサーマイクは上記のような形状をしたマイクです。カラオケなどでみかけるマイクはいわゆるダイナミックマイクで、種類が異なります。

コンデンサーの場合はファンタム電源のためオーディオインターフェース側からマイクへ電源の供給が必要となります。

オーディオインターフェース側で「+48」とかかれたツマミやボタンなどで設定できることが多いです。

UR22MK2の場合は裏側面にツマミがついています。

オーディオインターフェースからマイクに対して電源を供給するボタンということです。

コンデンサーマイクを使用するときはこのように「+48V」が点灯していたら電源供給されているという事になります。

IPADとの接続

UR22MK2やUR28Mの新しいバージョンはIPADを使ったDTMが可能です。

「Apple iPad Camera Connection Kit」または「Lightning - USBカメラアダプタ」、5V micro USBケーブルが必要となります。

パソコンに比べてIPADからは電源供給が弱いため5V USBケーブルをコンセントに刺してUR22MK2を安定的に稼働させます。

CUBASIS-LEというCUBASEのIPAD版のアプリはUR22MK2に付属しているので即日でDTMが可能です。

オーディオインターフェース使い方!UR22MK2のPC接続方法!!まとめ

今回はUR22MK2を中心にオーディオインターフェースの接続の仕方を特集しました。

ここ最新のオーディオインターフェースは価格が安いものでも性能はしっかりしており、優秀なものが多いです。

DTMに必須のIOを使いこなして素晴らしい音楽制作や配信を行いたいですね!

廉価版のオーディオインターフェースの今や代名詞といった感があるUR22MK2おすすめです。

あわせて読みたい
おすすめオーディオインターフェイスUR22mk2特集!
おすすめオーディオインターフェイスUR22mk2特集!【スタインバーグのUR22mk2!大人気シリーズの後継オーディオインターフェース!】老舗のオーディオメーカースタインバーグから以前発売されたオーディオインターフェ...

URRT2も注目!

サウンドハウス STEINBERG (スタインバーグ)UR-RT2 USBオーディオインターフェイス¥37,789円送料込み

価格:3万7千円~4万円前後

入出力数:4イン/2アウト

老舗の音楽制作ソフトCUBASEを発売しているスタインバーグの最新オーディインターフェース「UR-RT2」。洗練された高級感がありかつコンパクトなデザインはもちろん、定番の高音質マイクプリ「DPRE」を搭載しています。

UR22MK2やUR28Mよりも高い価格帯のハイグレードモデルといった位置づけでしょう。

入出力数は4イン2アウトとなってます。

DAWを持っていない人にも嬉しいのがCUBASE-AIが付属している点です。こちらは有名DAWであるCUBASEの簡易版で、UR-RT2を購入したその日からDTMを始めることができます。

そしてIPADのレコーディングにも対応しているのが大きなメリットです。

現代の音楽制作を追求したデバイスとなってます!

おすすめです!

スタインバーグURRT2

サウンドハウス STEINBERG (スタインバーグ)UR-RT2 USBオーディオインターフェイス¥37,789円送料込み
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

DTM歴10年とちょっとでCUBASE(キューベース)で音楽制作してます。

オーディオインターフェースはアポロツインやUR28Mなど使用。

初心者にも分かりやすく情報の多い記事を心がけます!

目次
閉じる