ソーシャル
フォローする
SNSフォローボタン

ノートパソコン!マウスのNシリーズがDTMにも活躍!

シェアする

15.6型で10万円~!DTMにもオススメ!

icon
icon

DTMとはデスクトップミュージックの意味でその名の通りパソコンを使った音楽制作や作曲を指します。

タブレットやスマホといった小型のデバイスが一般化していく中でもいまだに仕事や生活の必需品であるパソコン。

DTMの普及もそのパソコンの高スペック化と低価格化が後押ししているかと言えます。

DTMにおすすめのパソコンを特集してますのでよければご覧ください。

関連記事 DTMに向いたデスクトップパソコン特集!
DTMにおすすめデスクトップパソコン特集!
DTM環境に必要なパソコンのスペック選び! 2019年9月12日リンク情報訂正・修正しました。 現在パソコンでの作曲・音楽制作であるDTMが一般化しています。最近ではボーカ...続きを読む
関連記事 DTMにおすすめノートパソコン特集!
DTMにおすすめノートパソコン選び!PCで作曲しよう!2019年最新!
DTMに向いたノートパソコンのスペック!お得な買い方も特集! 2019年9月6日リンク情報訂正・更新しました! DTMとはパソコンを使った作曲・音楽制作でコンピュー...続きを読む

スポンサーリンク

DTMにも!マウスコンピューターのNシリーズの魅力特集!

icon

当サイトではパソコン工房マウスコンピュータードスパラなどのBTOパソコンメーカーのデバイスをおすすめしてます。

BTOパソコンメーカーのモデルはDELLや家電量販店によくある一般PCに比べてカスタマイズに強みを見せ、かつ安いのが特徴です。ですのでDTMやクリエイター、ゲーミングPCなど高いスペックが要求される環境にも向いてます。

その中のマウスコンピューターのノートパソコンのNシリーズiconが15.6型でCPUはCore™ i7-8550Uとスペックが高く、ノートPCにして値段はおよそ10万円~といったコスパの良さを実現しています。

しかもACケーブルでの充電がなくても約10.1時間のバッテリー動作時間を実現しています。

バッテリー動作時間の長さはノートPCとして 大きなメリットです。

マウスコンピューターのNシリーズはカスタムしてDTMにも向いたPCとして活躍してくれるかと思います。

スポンサーリンク

DTMにおすすめのパソコンのスペックは??

DTMを行う際にはゲーミングPCや動画編集まではいきませんがある程度高いスペック

が必要となります。

同時並列で多くのトラックを再生し録音する、リバーヴなどエフェクト処理をし、ソフトシンセも難題か立ち上げる、・・・

当然はパソコンにおける頭脳にあたるCPUに負荷がかかりますし、メモリも消費します。当然データもかさばっていくものです。そんな中DTMにおすすめなノートのスペック

  • CPUはRYZENのモデル、インテルだとCOREi5かCOREi7の第8世代~
  • メモリは8GB以上できれば16GB、32GB。
  • HDDはSSDで240GB~HDD1TB~

このようなスペックかと思います。

液晶サイズに関しては持ち運びに便利な13型~操作性の高い17型までがDTMとしてはおすすめです。

スポンサーリンク

Nシリーズのスペック!DTM向けのカスタマイズおすすめ!

液晶サイズが15型と機能性が高いだけでなく、Nシリーズはスマート!

icon
icon

まずNシリーズの液晶サイズは一般的な15.6型となってます。

これは17型やそれ以上に比べてスタジオ使用など持ち運びもしやすいですし小さすぎず視認性が高く操作しやすいサイズかと思います。

DTMはトラック数を多く扱いますし様々な波形を確認します。細かいエフェクトの調整もありますし操作しやすい15.6型はちょうどいいかと思います。icon

そしてスマートなのも特徴です。幅およそ22.6mとなってます。持ち運びにも重宝しますし、デザイン性の高さはDTMのモチベーションにもつながります。
icon

しかもグラフィックスはGeForce® MX150も搭載されていますので、映画やハイビジョンカメラ撮影の高精細映像も楽しめます。

スポンサーリンク

パソコンの頭脳CPUは第8世代のCOREi7!メモリは16GB以上がおすすめ

パソコンの頭脳であるCPUは4コアのCore™ i7-8550U プロセッサーと第8世代でしかもCorei7と演算能力に長けたスペックです。

PCにおける作業台といえるメモリも容量が重要です。Nシリーズは8GB~となってますので、DTMを考えるとメモリは16GB~のモデルか増設がおすすめです。

ストレスフリーのDTM環境を得るために初期投資しておきたいですね!

スポンサーリンク

HDDはSSDを選びたい

内蔵のHDD

ハードディスクは記憶装置です。

Nシリーズはハードディスクが500GB~となってます。

こちらはHDDよりさらに速度性能に優れたSSDに変更することをおすすめします。SSDプラスHDDをカスタムすることができます!

しかもHDDの追加は500GBが5,000円。1TBが6,800円なのでお得です。

OSやプログラムは速度に強いSSDに入れて音源などのデータはHDDに入れるなどの組み合わせをすると後々便利になると思うのでおすすめします。


icon
icon

DTMにおすすめ!Nシリーズをマウスコンピューターで探す
icon

メモリ32GB!SSD搭載のハイエンドモデルおすすめ!

icon

Web販売価格 164,800円(税別)

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i7-8550U
  • GeForce® MX150 (2GB)
  • メモリ32GB
  • M.2 SSD512GB Samsung PM981 NVMe対応
  • 光学ドライブブルーレイディスクドライブ
  • 液晶パネル15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
  • バッテリー駆動時間 約10.1時間

なんといってもメモリが32GB標準となってます!SSDも NVMeタイプなので通常のSSDよりもさらに速度性能に長けてます。

DTM環境としては心強いですね!正直、一般パソコンメーカーや家電量販店でこの値段でこのスペックは無いかと思います。

光学ドライブ非搭載のノートも多いですがブルーレイも搭載。DTMに動画に幅広く活躍してくれそうです。
icon m-Book N500X2B-M2S5をマウスコンピューターで探す
icon

icon