2022年DTMおすすめノートPC!高スペック安いパソコン特集!

DTMとはパソコンを使った作曲・音楽制作 でコンピュータミュージックを意味し、デスクトップミュージック(Desk top music)の略となります。

近年のパソコンの高スペック・高性能化、低価格化などでパソコンを使った作曲・音楽制作であるDTMはミュージシャンだけでなく一般にどんどん普及しています。

CPUもメモリもSSDも5年でスペックが倍になるような状況です。

現在はボーカロイドなども非常に人気がありますね。

あわせて読みたい
DTMとは?初心者向け作曲に必要なもの! DTMとはパソコンを使った音楽制作でコンピュータミュージックを意味し、デスクトップミュージック(Desk top music)の略です。 打ち込みでの作曲ですね。 弾き語りの録...

まず DTMをはじめるうえでは当然パソコンは必須でありスペック選びが重要となります。

  • DTMにおすすめのパソコンとは何か?
  • 自分が持っている現在のパソコンのスペックで音楽制作ができるのか?
  • できるだけ安い、でも安定したPCが欲しい

など初心者の方はパソコン選びから迷うことがあるかと思います。

今回はDTMにおすすめのノートパソコンをCPU・メモリ・ストレージなどスペックを含め解説します!

DTMおすすめデスクトップパソコンの記事もございますのでよければご覧ください!

あわせて読みたい
2022年DTMおすすめデスクトップPC!高スペック安いパソコン特集! パソコンでの作曲・音楽制作であるDTMが一般化しています。 最近ではボーカロイドも流行っていますね。 DTMを行うにあたってパソコンはCPU・メモリなどどういったスペッ...

細かいPCのスペックなどの記事は割愛したい方は

↓↓こちらから下のオススメのパソコン情報の記事に一気に進めます。

目次

DTMに向いたパソコンのスペックとは??

DTM用のパソコンを選ぶ際に特に重要なのが

  • 液晶サイズ
  • パソコンの頭脳CPU
  • メモリの容量
  • HDDやSSDの容量
  • GEFORCEなどグラフィックス
  • ノートPCかデスクトップか?

このあたりかと思います。OSに関しては現在新規にパソコンを購入する場合はほとんどWINDOWS11かWINDOWS10ですので問題はないかと思います。

その他のスペックを確認します。

DTMに向いたパソコンのスペックは・・・ズバリ!

音楽制作をするパソコンも動画編集や高画質のゲームほどではなくともある程度の高いスペックを要求されます。

最近のDAW(音楽制作ソフト)は非常に高性能で多機能であるのでその性能を存分に発揮し、効率の良いストレスフリーの作業を実現するためにもPCのスペックにはこだわったほうが良いです。

ちなみに自分は老舗DAWであるCUBASEキューベースを使って曲を作ってます。

CUBASEは現在PRO12まで発売中です。

ユーザー数も多いのでわからないことは調べたらすぐ検索引っ掛かることが多いのも魅力です。

DTMを行う際には動画編集ほどではなくともPCはある程度の高いスペックを要求されます。

CUBASEはおすすめDAWです!

STEINBERG ( スタインバーグ )Cubase Pro 11 通常版 DAWソフトウェア最先端のミックス機能 80種類のオーディオエフェクト搭載

DTMでは数十種類のトラックを使い分けて、リバーヴやコンプレッサーなどプラグインも多用しソフトシンセも数10種類使うのも普通です。

ストレスのないDTM環境を手に入れるためにパソコンのおすすめのスペックを考えます。

DTMに限らずパソコン選びで鍵になるのがやはり値段です。

メーカー各社いろんな種類のPCが出回っていますがまだまだPCは10万円をこえる高いデバイスです。

そのうえでDTMに向いたスペックと言いますと

  • ノートPCの場合、液晶サイズは13~17型(好みと環境によりけり)
  • CPUはインテルだとCOREi5かCOREi7、COREi9の第9世代以降。最低2コア!
  • メモリは8GB以上できれば16GB。
  • SSD240GB~HDD1TB~
  • GEFORCEなどのグラフィックスは無くてPC標準でOK!

こういったスペックで大丈夫かと思います。当然求めるDTM環境にも左右されます。

特にPCの頭脳CPUとメモリは特にこだわりたいポイントです。

ちなみに自分のパソコン工房で購入した14型のノートは126,980 円(税別)で

  • Windows 10 Home 64
  • Core i7-8550U
  • SSD M.2 240GB
  • SSD 480GB搭載
  • メモリ16GB
  • 液晶 14型 (非光沢カラー液晶)フルHD(1920×1080ドット)

こういったスペックです。

関連記事 DTM用にパソコン工房の14型ノートPC購入!

Corei7の4コアでメモリ16GB(後から32GBに自分で増設)メインのストレージはSSDで選びました。

当サイトとしては  価格とスペックの面でおすすめなのがBTOパソコン  です。

安くて高性能なPCはズバリ!BTOパソコン!

当サイトではパソコンは一般メーカーや家電量販店より比較的安くてカスタマイズに特化したBTOパソコンをオススメしてます。

BTOパソコンメーカーの大手は

といったところでしょう。マウスコンピューターはCMでもよく見かけますね!

今回はそのBTOの中でもDTMに特化したノートパソコンのカスタマイズを紹介します。

DTM用ノートパソコン!最適の液晶サイズは??

ノートPCの液晶は13型~17型といったところでしょう。その液晶サイズについては求めるDTM環境やどういった特性を優先するか・・・ということで決まるので正解というのは無いといえます。

  • 機動性・携帯性
  • 操作性・視認や作業のしやすさ
  • 求めるスペック

この3つで考えたいと思います。

機動性を考えたら比較的コンパクトな13、14型

まず   機動性で持ち歩く事をメインに考えたら比較的コンパクトな13、14型がおすすめ です。

ノートPCはデスクトップに比べて携帯できるというおおきなメリットがあります。家でも使えてスタジオでもレコーディングに持ち込めます。

リモートワーク感覚のカフェや公園のベンチでのDTMて良いと思いませんか!

そのノートPCの中でも13型は重くて1.3Kgくらいでしょう。軽かったら800gくらいなので非常に携帯しやすいです。

自分は13型をモデルに改良された14型を使用しています。個人的にはすごくサイズもスペックも気に入ってます。

操作性・視覚性を考えたら画面が大きい17型がおすすめ

17型は液晶が大きく効率的な作業と視認性に長けています。手軽さよりもがっつりクリエイトや仕事にスペックを使いたい方はおすすめです。

そしてスペックに関してですがPCの頭脳CPUを中心としてゲームPCのようにハイスペックなものは15型や17型に搭載していることが多い印象です。

現在のところ12型・13型など小型PCでコアのCOREi7-10750Hのようなゲームやクリエイトにも強いPCを搭載しているものは自分が探した感じ見たことがないです。

スペックの高さと持ち歩きを考えると15.6型あたりの標準サイズがおすすめ

ノートPCといえば基本は15型が定番と言えるかと思います。ある程度強めのスペックを積むことができますし、操作も安定性も持ち運びも一番適したサイズと言えそうです。

正直液晶サイズは悩みどころですが、好みや求めるDTMの環境によるかなと思います。

ちなみに重要ポイントですが11型くらいのタブレットPCもありますが、基本PC用のDAWアプリやソフトは入れれませんので注意です!デバイスによると思いますがPCではなくタブレットという認識です。

例えばIPAD用のDAWとしてはCUBASISのようなアプリもありますがパソコン用のCUBASEとは別となります!

本格的に曲を作りこむならやはりパソコンは必須かと思います。

DTMパソコンの頭脳のCPUをこだわろう!

icon
icon

CPUはパソコンにおける頭脳にあたる部分でDTMを行う上で再重要ポイントです。

DTMは動画の編集や高画質のゲームほどのスペックは必要ありませんが、トラックを同時に多ければ5,60など立ち上げエフェクトやプラグインを多用することもしばしばあります。

インテルのCPUにはPENTIUMやCELELONなど安いものもありますが、DTMに向いたスペックはCOREiシリーズがオススメです。

今回の特集はほぼCOREiシリーズで書いてます。

DTMに関してはCOREi5やCOREi7などの第9世代以上の新しいCPUを選ぶことをオススメします。

現在は第11世代のCPUも登場してます。一度試してみたいですね。

現在はAMD社の高スペックCPUの「RYZEN」を搭載したPCも注目です!近年はスペックが大幅アップデートされています!

さらに高スペックなパソコンを希望される方はクリエイター向けパソコンの記事もおすすめです。

DTMパソコンのメモリは最低8GB以上、できれば16GB以上を!

メモリはデータを一時保存、記憶するもので作業台に例えられます。

何か作業するにはその台が広いほうがはかどり効率的に仕事ができます

デスクトップで考えると最近メモリの標準は8Gが多いように見受けられます。

CPUとあわせてできるだけ高スペックを選びたいポイントです。特にCPUが良い場合はメモリも16GBくらいないと逆にもったいない感があります。

DTMに関しては多くの音楽制作ソフトは8GB以上で大丈夫かと思いますが予算に余裕があれば16GBや32GBがオススメです。

HDD、SSD!DTMはSSDを選びたい!

HDD(ハードディスク)は記憶装置です。DTMを行うにあたって曲のデータはどんどんかさばりますし、ここ最近ではSSDという記憶装置も主流でHDDよりも割高ですが速度性能に優れています。

自分も以前のパソコンをHDDからSSDに変えましたがOSもCUBASEプロジェクトも立ち上がりが圧倒的に早くなりました。

ノートパソコンの場合はSSDを選び、できればオプションで500GBくらいにアップしてOSやプログラムはSSDに、後から音源を別途購入するなどの場合は外付けHDDという使い方がおすすめです。

DTMを行う上ではSSDが250GB~、HDDが1TB~が良いかと思います。

関連記事パソコン改造 マウスのノートPCのHDDをSSDへ換装!!
あわせて読みたい
パソコン改造 マウスのノートPCのHDDをSSDへ換装!! 【SSDの起動の速さ】 現在メインで使用しているデスクトップPCのモナークGEはCPUもCOREi7-7700と高性能ですが、圧倒的な動作の速さはHDDではなくSSDにOSやシステムをい...

GEFORCEなどグラフィックスについてDTMでは不要!

普通のDVDやYOUTUBEなどの動画を再生するグラフィックスは大概のパソコンにはついているわけですが、パソコンの用途がゲームや動画編集などになった場合はGEFORCEなど高スペックのグラフィックカードが必要となります。

ただDTMにはゲーム・動画用のグラフィックボードはなくてOKです。

自分のおすすめとしてはグラフィックスはパソコン付属のものを使ってCPUやメモリ、SSDなどをカスタマイズして予算配分したほうが良いかと思います。

HD Graphics 630などと書いているものはパソコン付属のグラフィックとなっております。

DTMPCはノートかデスクトップか??

DTMを行ううえで考えるのが

  • ノートパソコンがいいか
  • デスクトップのほうがいいか

この2点で悩む方も多いでしょう。ノートパソコンは持ち歩きが可能なのでスタジオでの録音などもしやすいですね。液晶のサイズなど好みや操作感で選ぶと良いかと思います。

同じ値段を出すと考えるとデスクトップの方が機能が良いと言えます。ただしデスクトップを購入する場合はモニターは別なのでその点は考慮しなければなりません。

お得なパソコンの買い方!ジャックスのローンで分割購入も!

icon

icon

icon

パソコンは現金一括でなくてもクレジットももちろん使えますが、カードお持ちではない方も審査が通ればジャックスなどのローンを組むこともできます。

自分は楽器購入やパソコン購入で8,9回お世話になってます。今のところ一度も審査落ちたことはありません。

自分にあった方法で購入したいですね。自分自身2017年5月現在の時点で分割手数料が無料だったので12回払いで購入しました。

けっこう分割手数料無料キャンペーンて各社やってます!実際10万を超える買い物なので手数料は重要ですので要チェックです!

オトクな買い方2!必見!特価品を狙う!

アウトレット品を狙うというのも賢い買い方かと思います。

型落ちで在庫処分したいデバイスや、展示品、試用品のパソコンなどメーカーがさばいてしまいたい商品を特価で販売されています。

とはいえつい最近まで通常価格で販売されていた商品。ものにもよりますが全然スペックは良いことが多いのです。

このページはたまにチェックしておくと思わぬお宝に巡り合えるかもしれませんのでオススメです!

↓↓こちらはパソコン工房のアウトレットをメインに扱ったページです!

icon
icon
蔵出しパソコンをパソコン工房で探す

↓↓こちらはマウスコンピューターのアウトレットPCのページです!

アウトレットパソコンをマウスコンピューターで探す


icon

DTMに向いたノートパソコン特集!

それではマウスコンピューターパソコン工房パソコン工房FRONTIERなどからDTMに向いたノートを特集していきます。

上記の通り

  • CPUはCOREi5かCOREi7、i9の第9世代か第10世代~
  • メモリは8GB以上
  • グラフィックスのGEFORCEは無いものも含める・・・

こういった条件を基本に選んでます。

記事と商品が違いがある可能性があります。値段やスペック詳細を確認お願いします。

BTOパソコンのオーダーの仕方やカスタムのやり方はこちら記事にしてますのでご参照ください。

関連記事 BTOパソコンのカスタマイズのしかた!お得な買い方特集!

15型ノート最新COREi7搭載!マウスコンピュータ

269,800円~税抜245,273円~

  • OSWindows 11 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i7-12700H
  • メモリ32GB~
  • SSD512GB (NVMe)
  • グラフィックスGeForce RTX™ 3060 Laptop GPU
  • 液晶 15.6型 液晶パネル (ノングレア)
  • 重量 約2.07kg

マウスコンピューターのノートの Core™ i7-12700H プロセッサー搭載モデルです!コアとスレッドが14コア/20スレッドと非常に強力です。グラフィックスGeForce RTX™ 3060 Laptop GPUを積んでるので動画制作にも強みを発揮します。

メモリも32GB標準が嬉しいですね。29,700円プラスで64GBのできますが、DTMを考えれば32GBあればそれほど問題はないかと思います。

SSDは512GBからでメインストレージとしては申し分なさそうです。1,6500円で1TBにできるのでおすすめです。

メインプラス13,600円で512GBサブでSSDを搭載可能です。データはどんどんかさばるのでプラスでつけるのがおすすめです。

液晶は15.6型とスタンダートなサイズとなってます。

DAIV 5Nをマウスコンピュータで探す

クリエイターノートPC!Corei7パソコン工房

icon icon

196,700 円~

  • OSWindows 11 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i7-12700H
  • メモリ16GB~
  • SSD500GB (NVMe)
  • グラフィックスGeForce RTX™ 3050
  • 液晶 15.6型(非光沢カラー液晶)
  • 重量 約2.07kg

パソコン工房のノートの Core™ i7-12700H で14コア/20スレッド搭載モデルです!グラフィックスGeForce RTX™ 3050 を積んでるのでのも必見です。

メモリは16GBなので14,700円で32GBに増設がオススメです。

SSDは500GBがメインストレージで9,700円で1TBにできるのでおすすめです。

メインプラス10,000円で500GBサブでSSDを搭載可能です。

液晶は15.6型とスタンダートなサイズとなってます。

SENSE-15FXパソコン工房で探す

最新第11世代のインテルCOREシリーズ搭載ノート!パソコン工房!

icon

価格:99,800 円~

  • OS:WINDOWS10
  • CPUCOREi3~
  • メモリ8GB~

こちらはインテルが誇る第11世代のCPUを搭載したノートです。現在12世代も見受けられるので安く手に入れやすいと言えます。

「10nm SuperFin」と呼ばれる新製造技術により前世代より20%ものパフォーマンス能力向上と謳われています!

Corei3で2コア4スレッド~となってるのでDTMを考えたらCOREi5か7で選びたいところです。

COREi7でも10万円台~というのが嬉しいですね!
icon 第11世代インテルCoreシリーズ搭載PCをパソコン工房で探す

手頃価格でクリエイト!マウスコンピューター!

価格153,780円~(税込)

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • CPU インテル® Core™ i7-10750H
  • グラフィックス GeForce®1650
  • メモリ 16GB
  • M.2 SSD 512GB NVMe対応
  • 液晶パネル 型 17.3型フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) 

6コア / 12スレッドのCore i7-10750H 搭載で強力なクリエイターPCです。

17.3型という操作性に強みを見せる液晶サイズもクリエイターからの評価を得ているポイントです。

DTMや動画編集にも。メモリも16GBとなっており、CPUの強さを考えると32GB増設もおすすめです。13,800円で32GBに増設できます。

SSDは512GBから~となっており13,600円で1TBに変更もできます。

内蔵HDDはついてないので1TBHDDが7,800円をプラスするのがオススメです。

強めのスペックですが標準バッテリーで約11.5時間の使用時間というのも嬉しいですね。

mouseK7をマウスコンピューターで探す

Corei5搭載14型のクリエイターノート!パソコン工房!

icon


icon価格:109,800 円~

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i5-1135G7
  • メモリ:16GB
  • SSD:500GB NVMe対応 M.2 SSD
  • 液晶:14型(非光沢カラー液晶)フルHD(1920×1080ドット)
最新第11世代のCOREi5搭載のノートです。14型と持ち運びにも重宝するサイズかと思います。

SSDは500GBとなってますがサブでHDDをつけれないようですので事前にメインのSSD増設がおすすめです。

1TBが6980円、2TBが24,980円となってます。14型というスマートさで場所を選ばず作業できるのは嬉しいですね。

icon Core i5搭載クリエイター向けノートパソコンパソコン工房で探す
icon

強力ゲームPC!マウスコンピューター!

WEB販売価格219,780円(税込)~  

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • CPU インテル® Core™ i7-10870H
  • グラフィックス GeForce RTX™ 3070
  • メモリ 16GB
  • M.2 SSD512GB
  • 液晶パネル 15.6型 フルHDノングレア
  • 動作時間11.5時間

10世代のCore7で8コア16スレッド搭載!GeForce RTX™ 3070搭載でゲームや動画編集にもパワーを発揮します。

この強さで長時間バッテリーのノートPCです。

13,800円プラスでメモリが16GBから32GBに増設できます。

CPUが強いのでメモリは32GBはあったほうがマルチタスクを考えると何かと便利だと思います。

HDD追加は1TBが7,800円となってます。

データかさばるのでHDDは最初から積んでおいたほうが良いかと思います。

ゲームにクリエイトに。どこでも場所を選ばずパワフルにマルチタスクをこなしてくれます。

G-Tune H5をマウスコンピューターで探す

15型10世代Core搭載ノート!フロンティア

価格:67,800(税抜)~

  •  OS WINDOWS10
  • CPUインテル® Core™ i3-10110U Core™ i7-10510U
  • メモリ8GB~
  • SSD 240GB~
  • 液晶 15.6型

フロンティアが誇る15型の第10世代Coreiシリーズ搭載のノートです。

Corei3だと6万円台というコスパの高さ。DTMだとi5-10210Ui7-10510Uでメモリ16GBか32GBにカスタムがオススメです。

あとこちらはメインのSSDプラスでHDDかSSD搭載可能のようです。もしくはメインのSSDを最初から1TBにしておくなど選択肢も多いですね!

例えばCore7選択でメモリを32GB、SSD512GB選択プラスHDD500GB追加で\102,600 (税抜)といった感じです。

NLCシリーズNLC-series15.6型ノートをフロンティアで探す

値下がり!第10世代CORE CPU搭載ノート!パソコン工房!

icon

価格: 64,980 円(税別)~

  • OS:WINDOWS10
  • CPU: Core i3-10110U~Core i7-10510U
  • 液晶:14型~17型
  • SSD240GB~

インテル第10世代のCOREシリーズを搭載したノートです。前シリーズよりさらにマルチタスク性とパフォーマンス能力がさらに向上していると言われています。

現在11世代が登場している中、価格も少し安くなってきている印象で狙い目かと思います。

自分は第8世代のCOREi7なので一度試してみたいです!

COREi3からとなってますがDTMを考えたらCOREi5か7で4コア8スレッド以上のモデルががおすすめです。

メモリは16GB以上が良いと思います。メモリ16GBでCorei7のモデルも9万円いかなかったりするので素晴らしいですね!

液晶サイズは好みやDTMの環境によるかと思いますが持ち歩くことをメインに考えていたら14型で重量の1Kg以下のものが良いかもしれません。

第10世代Coreプロセッサー搭載ノートパソコンをパソコン工房で探す

ゲームにクリエイトに!マウスコンピューター!

icon価格税込186,780円~

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • CPU インテル® Core™ i7-10870H
  • メモリ 16GB PC4-21300
  • M.2 SSD 512GB NVMe対応
  • グラフィックス GeForce RTX™ 3060 
  • 液晶パネル 15.6型 フルHDノングレア (144Hz)

こちらはCPUがCore™ i7-10870Hで8コア16スレッド!グラフィックスはGeForce RTX3060搭載のゲーミングノートとなってます。

20万円を切る価格でこのスペックは嬉しいですね!リアルなグラフィックス描写でより没入感のあるゲーミング体験ができそうです。
メモリは 13,800円プラスで32GBに増設できます。

SSDは512GBから~となっており13,600円で1TBに変更もできます。

内蔵HDDはついてないので1TBHDDが7,800円をプラスするのがオススメです。

G-Tune E5-165をマウスコンピューターで探す

8コア搭載のクリエイターノート!パソコン工房!

icon icon

価格:税込216,678円~

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • CPU インテル® Core™ i7-10870H
  • メモリ 8GB ~
  • M.2 SSD 500GB~ NVMe対応
  • グラフィックス GeForce RTX™ 3070 
  • 液晶パネル 15.6型 フルHDノングレア (144Hz)

Core i7の8コア16スレッドのハイパワークリエイターノートです。強力グラフィックスのGeForce RTX™ 3070 も積んでおり、動画編集・高解像度のゲーム・DTMなどあらゆる分野でパフォーマンス能力を発揮します。

メモリは8GBからなので標準で16GB~のモデルを探すかカスタムして増設するのがオススメです。

税込15,378円で16GBに増設可能です。

Core™ i7-10870Hというパワースペックを考えるとメモリは32GBくらいあったほうがCPUパワーを生かせるという環境もあるでしょう。

GeForce RTX™ 3070はとにかく遅延に強く応答性も最高です。ストレスのない臨場感あふれるゲーミングにも4K動画編集にも強みを見せるグラフィックスです。

8コア搭載クリエイターノートをパソコン工房で探す

ゲームにクリエイトに!高パフォ15型ノート フロンティア!

 価格:¥149,800(税込)

  •  OS WINDOWS10
  • CPU インテル® Core™ i7-10750Hプロセッサー
  • メモリ8GB DDR4-3200
  • SSD 512GB M.2 NVMe~
  • GPU NVIDIA GeForce RTX 2060
  • 液晶 15.6型

NVIDIA GeForce RTX 2060を積んでおりゲームにも強みを発揮します。インテル Core™ i7-10750Hで6コア12スレッドとDTMには申し分ないスペックかと思います。

バックライトキーボードてかっこいいですよね。YOUTUBEなどでの海外でのビートメーキング動画でも室内を比較的暗くしてムードある照明の中で作業しているミュージシャンも多い印象です。バックライトキーボードでさらにクリエイト環境が充実しそうです。

ストレージに関してはM.2スロットが2つあるため、NVMe SSDを2つ、2.5インチ ハードディスクを1つの組み合わせも可能。

メモリ16GBでSSD1TB搭載のおすすめモデルも¥159,800(税込)からとなってます。

仕事にゲーミングにクリエイトに。あらゆる環境に対応できそうな強力なモデルですね。

第10世代 CPU搭載 XN-HM470シリーズをフロンティアで探す

icon

DTMにおすすめノートパソコン選び!PCで作曲しよう!2021年最新!まとめ!

ストレスの少ないDTM環境を整えるにはまずパソコンのスペックが重要となります。

高価なオーディオインターフェースとPRO仕様のDAWを整えて高性能なコンデンサーマイクを買ってもパソコンがWINDOWSXPメモリ2GB!!とかだとちょっと音楽制作厳しいですね泣

直感的な楽曲制作の土台であり要であるパソコンはある程度の実装をしておきたいものです。

BTOパソコンだと10年前では一般向けとしては考えられないような高いスペックを低価格で購入することができます。

しかも低予算でもある程度カスタムもしやすいのがBTOの特徴ですので初期投資は抑えて後からメモリを追加したりHDDからSSDに換装したりと自由度も比較的高いのがうれしいですね。

音楽センスをさらに高めてくれるようなインスピレーションをかきたてられるオリジナルパソコンに出会えたら良いですね!

 UNIVERSAL AUDIO (ユニバーサルオーディオ) APOLLO TWIN MKII DUO ¥110,160 税込

パソコンの他、DTMに必須のオーディオインターフェースなど特集してます。

発売以来 未だ人気のSteinberg スタインバーグUR22mkIIなど安くても高品質なデバイスからBABYFACEPROUNIVERSAL AUDIOのAPOLLO TWIN のように高価格帯のプロご用達モデルまで紹介してます。よければご覧ください。

関連記事 最新オーディオインターフェースおすすめ!
あわせて読みたい
2022年最新オーディオインターフェースおすすめ選び方! 2021年3月29日リンク更新しました。 オーディオインターフェースはDTMを行うにあたってパソコンと音楽製作ソフトDAWと並ぶ重要デバイスといえます。 ひと昔前のデバイス...
関連記事 クリエイター向け!DTMにも!超高スペックノートパソコン特集!
DTM入門|パソコン選びはNUZIKCAPO...
クリエイター向け!DTMにも!超高スペックパソコン特集! パソコンを使った音楽制作DTMや4Kなど動画の編集、高解像度のゲームなどクリエイターに向いた高スペックのハイエ…

スポンサーリンク

 

 
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる