ソーシャル
フォローする
SNSフォローボタン

DTM用デスクトップパソコン購入!

シェアする

DTMにおすすめ!インテルCOREi7搭載!ドスパラのデスクトップPC購入!

パソコン工房で6年前に購入したデスクトップLESANCEシリーズ本当にお世話になりました。

DTMを行ううえでCore i 5のメモリ8Gでなかなか快適に作業できてたんですが、リバーブやらエフェクトを追加、NIのKOMPLETEの音源ソフトを使い倒し、オーディオトラックも追加していったら、たまにフリーズするようになりました。。。

スポンサーリンク

以前のPCマザーボードが古く、買い替え検討・・・

全然使えるのです。が、ストレスは嫌いな人間です。できる限りモタつきは減らしたいと思いました。実際6年前のモデルですしパソコンの買い替えを考えるようになりました。

i5とはいえ第2世代で古いものだったし現在のPCの中ではメモリも32GBや64GBなどもみかけますのでCPUとメモリだけとりかえようかと思って調べたら、マザーボードの型が古くマザボごと取り替えなきゃいけないことが分かりだったら新しくパソコン購入したが良いという結論に至りました。

スポンサーリンク

BTOパソコンメーカーのパソコン工房・マウスコンピューター・ドスパラから比較!

自分はパソコン工房マウスコンピュータードスパラの3社のBTOパソコンを使用してきたのでこの中から選ぼうと決めていました。

自分はBTOパソコンをおすすめしてます。詳しい解説とおすすめのデスクトップPCをまとめてます。

それと新たにDTM用にノートPCを購入しました。よければ記事をご覧ください。

関連記事
BTOパソコンとは?DTMにもゲームにもおすすめ高性能デスクトップPC!
できるだけ値段は抑えてコスパの良い高性能なパソコンが欲しい。 比較的安く性能の高いデスクトップPCを特集。 おすすめしたいのがBTOパソコンです。 その中でも今回はします。ノートPCの記事もご用意してますのでご覧ください。
おすすめ高性能コスパ秀逸ノートパソコン!
パソコンのおすすめ!BTOパソコンメーカーのドスパラとマウスコンピューター、パソコン工房から高性能パソコンを比較します!パソコンの頭脳であるCPUはインテルCOREiシリーズから選び高品質なPCを厳選!
DTMのために新しいノートパソコンを購入!
スタジオでのDTMのためコンパクトなノートPCを探す! これまでマウスコンピューターのノートパソコンを使ってきました。 DTMのためスタジオ使用用途でCOREi5で...続きを読む

パソコン選びの重要ポイント

  • CPU
  • メモリ
  • HDDもしくはSSDの容量
  • ノートかデスクトップか
  • GEFORCEなどグラフィックスの必要性

だいたいこのあたりかと思います。ひとつずつ検証します!

パソコンの頭脳CPU

CPUはパソコンの頭脳にあたり、性能の核となります。特に有名なメーカーはINTELで、CPUのシリーズとしてCELERON、PENTIUMなどありますがINTELの中から選ぶならCORE i シリーズから選ぶべきかと思います。

なかでもCORE i 5,CORE i 7シリーズが秀逸新しいほうが基本は性能が良いですね。

現在は第8世代までででます。特集記事も書いてますので合わせてご覧ください!

関連記事 第8世代CPUCOREi7搭載デスクトップ特集!

CPUに関しては予算もあるかとは思いますが実際自分が使ってみてcore i7-7700と以前のcorei5-2400だと使用感はあきらかに差が出ます。

パソコンの核になる部分なのでできるだけ良いものを選びたいですね。

スポンサーリンク

メモリ!データ一時保存、記憶の作業台!

メモリはデータを一時保存、記憶するもので作業台に例えられます。

何か作業するにはその台が広いほうがはかどり効率的に仕事ができますね。DTMで作成中フリーズしてメモリを調べると90%。。。などなる場合は考えものです泣

デスクトップで考えると最近メモリの標準は8Gが多いように見受けられます。DTMを行う場合は最低8G、できれば16GB以上をおすすめします。

関連記事 マウスコンピューターのメモリ8GBを16GBに増設!

HDD、SSD!データの保管場所!

HDD(ハードディスク)は記憶装置です。
ここ最近ではSSDという記憶装置も主流でHDDよりも速度性能に優れています。

自分も以前のパソコン工房のパソコンをHDDからSSDに変えましたがOSも他のプログラムも立ち上がりが圧倒的に早くなりました!

OSなどプログラムはSSDに入れ、音源はHDDという使い方がおすすめです。

関連記事マウスコンピューターのノートPCのHDDをSSDに入れ替え!

グラフィックス

Ge Forceなどのグラフィックですね。

ゲームをされる方や動画編集などされる方はその精度が重要となります。

スポンサーリンク



ノートかデスクトップか

基本的には同じスペックで考えたときにデスクトップのほうが値段的には安くなります。

今回はデスクトップ購入で考えました。

今回のPC選びの基準!COREi7でメモリ16GB!GEFORCE無し!

今回の自分のPC選びの基準としてCPUは高スペックのcore i7メモリは16Gで、グラフィックスのGEFORCEは無し!のデスクトップパソコン!で考えました。

グラフィックを減らす分、必要な性能をカスタマイズしたかったのです。

その条件でこの3社から絞ってみたのですが、実際各会社同じくらいのスペックをだいたい同じ値段設定で出していましたね。以下自分が選んだ条件でパソコンを列挙します。

*記事と情報が異なる可能性がありますので確認されてください!

LUV MACHINEの優秀モデル!

icon

Web販売価格 69,800円(税別)

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i5-8400
  • メモリ8GB
  • ハードディスク1TB
  • グラフィックスインテル® UHD  630
  • 光学ドライブオプション (BTOで追加可能)

人気モデルです。CPUがCOREi5の第8世代と優秀です。これがおよそ7万円~というのはコスパが高いですね。

DTMを想定するとメモリは8GBから16GBに増設がおすすめです。11,180円プラスとなってます。SSD追加が256GBが10,800円からとなっておりカスタマイズおすすめです。

iH700SNをマウスコンピューターでさがす

ドスパラCOREi7CPU搭載PC!

104,980 円(+税)~ JACCS分割払い(24回):月々4,800円(税込)
【期間限定】最大24回まで手数料無料!

  • Windows 10 Home 64ビット
  • インテル Core i7-8700 (3.20GHz-4.60GHz/6コア/12MBキャッシュ)
  • メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2)
  • SSD240GB《無料プレゼント中》
  • HDD1TB
  • インテル UHDグラフィックス630 (CPU内蔵)
  • DVDスーパーマルチドライブ

魅力はSSDが240GBとHDDが1TB無料で付属中なところです。SSDはカスタムで500GBが7,000円、1TBが27,000円でカスタムできます。Intelの512GBSSDがプラス14,700円なのでより秀逸なチョイスもおすすめです。HDDは2TBが5,180円となってますので先にがっつり容量を加えておいたほうが良いかもしれません。メモリ16GBがプラス12,700円32GB(16GBX2)が34,000円となってます。

モナークGEをドスパラで探す

  • 2017年5月現在ドスパラがジャックスでのクレジット分割手数料が24回までドスパラ負担で無料だったこと
  • SSDの250Gから500Gへのカスタマイズがたった5,000円だったこと

などなどから今回はドスパラでモナークの購入を決定!

を選びました。そしてSSDを500Gへ。メモリを8Gから16Gへカスタマイズして12万ちょいだったかな?

ジャックスの分割の審査にも通って12回払いで購入しました!

  でかい笑!

店頭で見たんですがかっこいいですね!まずPCの立ち上げが非常に早いです!これはストレスがなくて嬉しい!

そして前の旧WINDOWS7のパソコンからデータ転送しましたが大量のデータ送るのも圧倒的に早いのです!

もちろん転送元のデバイスにもよるのであくまで自分の環境での話ですが古い外付けHDDからのデータも手早く転送できました。

転送という重い作業をしながらCUBASEインストール、NIのKOMPLETE10ULTIMATEの音源ライブラリ300GBやその他もろもろの作業を同時並列的にサクっとこなすという。。。

パソコン入れ替えにあたって当初感じていた諸作業のストレスが気づけばこの新兵器の頼もしさに代わってました。
COREi 7-7700メモリ16Gは伊達じゃありません。
もちろんネットの回線は変わってないのにブラウザの立ち上がりもページ表示読み込みも驚くほど早い。

買うか迷ってた1,2週間がもったいなかったです。

さっさローン組んで買えばよかった!

自分はモナーク推し!ですね!ほんと気に入りました!

関連記事 おすすめCPU第8世代搭載パソコン特集!
スポンサーリンク