ROLANDのオーディオインターフェースDUO CAPTURE EX UA22は現在メーカー製造は中止していますが、中古市場でも人気があり

  • 高音質VS PREAMP搭載
  • 持ち運びにメリットの軽量460g!
  • 単三電池、ACケーブル、バスパワーの3系統の電源対応

こういった魅力が評価され現在も世界で愛用されているオーディオデバイスです。

バスパワーだけでなく電池でも使用できるのはうれしいですね。

DUO CAPTURE EX UA22が市場に登場して10年近くたっても未だに重宝されているわけですが

  • ドライバを認識しない
  • 電池やバスパワーなど電源の選び方が分からない
  • スピーカーやマイクの接続の方法を知りたい
  • パソコンやIPADでの接続の仕方が分からない

こういった悩みや症状は散見されます。

今回はROLANDのオーディオインターフェースDUO CAPTURE EX UA22のパソコンやI PADでの接続方法を解説します!

スポンサーリンク

パソコンとDUO CAPTURE EX接続方法

DUO CAPTURE EXの接続端子はUSB2.0なので付属のUSBケーブルでパソコン側のUSBポートと接続します。

数種類あるUSBケーブルの中でもプリンターなどでもよく使われるケーブルですね。

DUO CAPTURE EX裏面にケーブル入力口があります。

DUO CAPTURE EXをパソコンで使用する場合はACケーブルを購入しなくてもバスパワーの電源供給で問題ないかと思います。

パワーボタンを押して電源を入れましょう。

この本体の緑の部分が点灯すればPCと正しく接続できています

接続できたらDUO CAPTUREをパソコンで動かすためのドライバの確認が必須です。

ドライバーが入ってなければインストール

オーディオインターフェースに限らずプリンタやPCキーボードなど各種デバイスをPCで使用するためには動作に必要なプログラムであるドライバをパソコンにインストールする必要があります。

そのデバイスにもよりますが多くのものはPCと正しく接続出来たら自動でインストールされることが多いです。

WINDOWSだと画面右下のボリュームマークをクリックして「DUO CAPTURE EX」というドライバーが選択できたらOKです。

パソコンの再生デバイスをDUO CAPTURE EXに設定するとPCのサウンドカードではなくDUO CAPTURE EXから出力されるという設定に変更されます。

オーディオインターフェースによってはDAWの出力が優先でPCのその他のプログラムは音声がミュートされる場合があります。

ドライバに不具合があったり最新のものじゃない場合はROLANDのホームページからインストールしましょう。↓↓

https://www.roland.com/jp/products/duo-capture_ex/downloads/

ドライバがインストールできたら次はスピーカーに接続してみましょう。

スポンサーリンク

DUO CAPTURE EXとスピーカーは先に接続

DUO CAPTUREをヘッドホンだけでなくスピーカーでの利用を考えている方も多いでしょう。

PCとの接続後に音声が流れるか確認するためにもスピーカーをお持ちの方は先に接続しておきましょう。

注意点はDUO CAPTURE EXの出力はフォンケーブルとなってます。

マイクはフォンもXLRも使えますが、出力はフォンなのでフォンケーブルを用意しましょう。

↓こういう接続プラグがフォンプラグです。

↓こういう接続プラグがXLRです。

DUO CAPTURE EXの裏側面の出力からIOとスピーカーをフォンケーブルで接続します。

注意点はオーディオインターフェースのボリュームやGEIN(ゲイン)とスピーカーの電源は切った状態で繋いだほうが安全です。

EXの主要なツマミは全部左に向けてミュートしています。

音量ツマミがあがった状態でのケーブルの抜き差しはデバイスの故障の原因にもなります。

当然オーディオインターフェースによって接続方式は変わりますので商品説明を把握して正しいケーブルやパーツを選びたいですね!

DUO CAPTURE EXは大衆向けのデバイスなので簡単に接続できますが、オーディオインターフェースによって接続の要件のハードルが高いものもあります。

自分的にはアポロツインUSBとアポロMK2が当初接続が良く分からなかったのでちょっと苦労しました。よければ記事ご覧ください。

音を出してみる!

これである程度使える状態になったかと思います。

音声が流れるか確認します。

何か音声ファイルや楽曲など流してみましょう。

右側のOUTPUTが出力をつかさどるツマミなので徐々に回していきます。

CUBASEなどDAWを立ち上げての音声確認はINPUT/DAWのツマミもあげないと出力されません。

[ad]

DAWも立ち上げて設定しよう!

CUBASEなど音楽制作ソフトDAWを立ち上げてオーディオインターフェースが認識されているか確認しましょう。

CUBASEの場合は上のメニューバーから「スタジオ」(CUBASE以前のバージョンだとデバイス)から「スタジオ設定」(以前は「デバイス設定」)をクリック。

VSTオーディオシステムから専用ドライバである「DUO CAPTURE USB AUDIO」を選択します。

これでDAW側がDUO CAPTURE EXをサウンドデバイスのメインとして設定されました。

DAWの入出力を設定

次にDAWの入出力とオーディオインターフェースの入出力を一致させます。

スタジオ設定からオーディオコネクションを選び「入力」からDUO CAPTURE EX INPUT1,2を選択します。

マイクなどライン入力はDUO CAPTURE EXの入力1から入りますという設定です。

同じく出力を選択してOUTPUT1/L、OUTPUT2/Rになっているか確認します。

スピーカー置く位置を左右逆に間違っていたら後から困るのでご確認ください!

これでDAW側の設定は完了です!

音が流れるか再生してみましょう!

[ad]

DUO CAPTURE EXにヘッドホンを接続する

スピーカーを接続出来たらヘッドホンを繋げてみましょう。②のOUTPUTがボリューム調整なのでこちらは左に振っておいて、①のフォン入力にヘッドホンを差し込みます。

DUO CAPTURE EXのヘッドホンの入力端子はフォンジャックとなってます。3.5mのジャックの場合は変換プラグが必要となります。

②のボリュームを上げれば音が出るかと思います。

DUO CAPTUREはマスターとヘッドホンのボリュームツマミは一つとなってます。

IOとマイクの接続方法

マイクの接続端子をDUO CAPTURE EXに接続します。

マイク端子はXLRかフォンタイプに対応してます。

DUO CAPTURE EXの入力にケーブルを刺します。

↓こういう接続プラグがフォンプラグです。

↓こういう接続プラグがXLRです。

コンデンサーマイクの場合は+48設定が必要!

コンデンサーマイクは上記のような形状をしたマイクです。カラオケなどでみかけるマイクはいわゆるダイナミックマイクで、種類が異なります。

コンデンサーの場合はファンタム電源のためオーディオインターフェース側からマイクへ電源の供給が必要となります。

オーディオインターフェース側で「+48」とかかれたツマミやボタンなどで設定できることが多いです。

DUO CAPTURE EXの場合は裏側の右面にツマミがついています。これを+48の左側にスライドさせることでコンデンサーを使えるようになります。

[ad]

DUO CAPTURE EXとIPADを接続

DUO CAPTURE EXはIPADを使ったDTMが可能です。パソコンでの接続と違って

  • 「Apple iPad Camera Connection Kit」または「Lightning - USBカメラアダプタ」
  • PSB-100かPSB-1UのACケーブル

これらが必要となります。

パソコンに比べてIPADからの電源供給は弱いためACケーブルをコンセントに刺してDUO CAPTURE EXを安定的に稼働させます。

[ad]

オーディオインターフェース使い方!DUO CAPTURE EXのPC接続方法!!まとめ

今回はDUO CAPTURE EXを中心にオーディオインターフェースの接続の仕方を特集しました。

ここ最新のオーディオインターフェースは価格が安いものでも性能はしっかりしており、優秀なものが多いです。

DTMに必須のIOを使いこなして素晴らしい音楽制作や配信を行いたいですね!

現在は中古での販売も多く手軽に安く手に入れられるかと思います。

廉価版のオーディオインターフェースの今や代名詞といった感があるDUO CAPTURE EXおすすめです。

URRT2も注目!

サウンドハウス STEINBERG (スタインバーグ)UR-RT2 USBオーディオインターフェイス¥37,789円送料込み

価格:3万7千円~4万円前後

入出力数:4イン/2アウト

老舗の音楽制作ソフトCUBASEを発売しているスタインバーグの最新オーディインターフェース「UR-RT2」。洗練された高級感がありかつコンパクトなデザインはもちろん、定番の高音質マイクプリ「DPRE」を搭載しています。

UR22MK2やUR28Mよりも高い価格帯のハイグレードモデルといった位置づけでしょう。

入出力数は4イン2アウトとなってます。

DAWを持っていない人にも嬉しいのがCUBASE-AIが付属している点です。こちらは有名DAWであるCUBASEの簡易版で、UR-RT2を購入したその日からDTMを始めることができます。

そしてIPADのレコーディングにも対応しているのが大きなメリットです。

現代の音楽制作を追求したデバイスとなってます!

おすすめです!

スタインバーグURRT2

サウンドハウス STEINBERG (スタインバーグ)UR-RT2 USBオーディオインターフェイス¥37,789円送料込み

10年以上前だとPCのスペックやその他デバイスのスペック的に制限があるDTMも、現在はPCさえあればどこでも音楽制作を行うことができます。

場所を選ばすにいつでもどこでも好きな時に音楽制作ができるというのは素晴らしいですね!

  • カフェでヘイヤホンしてDTM
  • 公園でDTM
  • 待ち合わせの時間までオープンスペースでDTM
  • 職場の休憩中にDTM

ある程度スペックがあるPCは起動も早いので、PCを立ち上げCUBASEなどDAWを起動すればすぐに作曲に取り掛かることができます。

DTMにおすすめのノートPCをオススメしてますのでよければご覧ください。

YOASOBIのコンポーザーであるAYASEさんのように、ほぼPCのみでDTM打ち込みを完結しているプロのアーティストもいます。

YOASOBIにいたっては2020年大躍進で紅白出場、超大ヒットの『夜に駆ける』はストリーミング5億回というケタはずれの大爆発ですが、AYASEさんはマックブックにヘッドホン直刺しで作っているのが超有名です。

もちろん現在のパソコンのスペックとしてPC完結も可能とはいえ

  • キーボードを演奏される方
  • リアルタイム入力が得意
  • ステップ入力が得意

こういった方は25鍵や32鍵くらいの小さめのMIDIキーボードを持ち歩いていることも多いです。

パフュームやきゃりーぱみゅぱみゅのプロデューサーである中田ヤスタカさんも小型のMIDIキーボードを持ち歩いているようです。

今回は25鍵,32鍵を中心に小型で軽量,スマートなMIDIキーボードを特集します!

KORG ( コルグ ) / MICROKEY MIDIキーボード 25鍵

あああ

  • 鍵盤 25鍵(ナチュラル・タッチ・ミニ鍵盤、ベロシティ付き)
  • USB端子 B端子
  • 電源 USBバス電源方式
  • サイズ 395(W)x 131(D)x 53(H)mm
  • /重量 650g

価格:5千円~7千円

コルグの小さめのマイクロキーMIDIキーボードは有名ですね。USBバスパワーで動作可能なのでPCさえあれば電源も不要。

廉価キーボードで手を出しやすい価格であるにも関わらずベロシティ感度も高く、弾き心地も定評があります。

一発でオクターブを切り替えることができるキートランポーズだけでなく、ピッチベンドホイールも標準装備なので表現の幅が圧倒的に広がります。

Camera Connection KitがあればI PADと接続しての使用も可能。[ad]

5,6千円という値段で本格的にスマートな音楽制作環境を手に入れることができます。

特に作曲スタイルとしてステップ入力やドラムのリアルタイム録音などが主な方など25鍵のサイズでも満足できるかと思います。

microKORG XLやmicroARRANGERなどで好評を得ている、新開発のベロシティ対応ナチュラル・タッチ・ミニ・キーボード。

M-Audio Keystation Mini 32

あああ
  • 鍵盤 32鍵
  • USB端子 B端子
  • 電源 USBバス電源方式
  • IPAD 使用可能Apple ライトニングUSBカメラ・アダプタ別売使用
  • サイズ 約418 x 105 x 20mm
  • 重量 450g

価格:5,500円~7千円ほど

厚みが2cmというのは携帯においてかなり重宝します。それでいて32鍵と演奏表現も幅が広がります。

オクターブアップ・ダウンボタンやピッチベンドとモジュレーション・ボタンも標準となってます。USBバスパワー対応なのでM-Audio Keystation Mini 32とPCだけで作曲スタイルを完結することができます。

25鍵では鍵盤数が足りないけど持ち運びにストレスは感じたくないという人にオススメです。

M-Audio Keystation Mini 32は32鍵でありながら450gとかなり軽量で、不必要な機能はそぎ落としたシンプルなデザイン面も好評です。

超小型かつ優れたフィーリングの32鍵薄型ベロシティセンシティブ・ミニ・キーボード頻繁な使用や携帯に耐えうる頑丈さ、モバイル・スタジオに便利なバックパックに収まるサイズ

[ad]

AKAI ( アカイ ) / LPK25 

あああ
  • 鍵盤 25鍵
  • 電源 USBバス電源方式
  • IPAD 使用可能Apple ライトニングUSBカメラ・アダプタ別売使用
  • サイズ 約9.65 x 34.04 x 2.79 cm
  • 重量 450g

価格:6千円~8千円

AKAI LPK25の最大の特徴はとにかくコンパクトという点です。25鍵横幅34cmだけでなく、厚みがなんと2.7cm、縦の幅は10cmを切ります!

LPK25はとにかく持ち運びに特化したMIDIキーボードと言えるでしょう。モジュレーションホイールやスティックはありませんが、とにかくコンパクトで機能的なMIDIキーボードです。

あああ

おそらく14型ほどのサイズのノートPCと思われますが、非常にコンパクトでスリムですね。

  • アルペジエータ
  • オクターブアップ・ダウン
  • タップテンポ機能

を搭載してます。

LPK25+IPADでのDTMなどそれこそ場所を選ばず、どこでも作曲ができてしまいます。

音楽制作に最適なUSB接続のMIDIキーボードです。バッグやケースなどに収めても邪魔にならない幅13インチ、重さ約450gのコンタクト設計。ラップトップと持ち運んで出先で作業したり、ライブパフォーマンス用としてもオススメです。

NEKTAR ( ネクター ) / SE25

  • 鍵盤 25鍵
  • 電源 USBバス電源方式 マイクロUSBポート
  • IPAD 使用可能Apple ライトニングUSBカメラ・アダプタ別売使用
  • サイズ 約33.5 cm x 10 cm x 2.1 cm
  • 重量 400g

価格:5千円~7千円

MIDIキーボードのNektorの中で最小となるSE25。他のスマートMIDIキーボードと比べても縦幅10cmはかなりスマートですね。

競合以上に鍵盤部分以外の面積を削ってスマートさを実現している感があります。スティック使用ではなくボタンによる本体操作が中心となります。

3種のベロシティカーブ設定により

  • デフォルト
  • ソフト
  • ハード

をコントロールできます。最小サイズのMIDIキーボードで打ち込みの演奏表現を突き詰めることが可能。

SE25の特徴はなんといってもおよそ400gといった軽さと言えます。同時に厚み幅が2.1cm、縦幅はなんと10cmほどという圧倒的なスリムさでバッグに入れても邪魔になりません。

SE25 は、モバイル制作環境における最適なソリューションのひとつです。Nektar 史上最もコンパクトなこのMIDIキーボードコントローラーは、ラップトップと同じくらいの幅でありながら、移動時の音楽制作に必要なものすべて - 25鍵のミニ鍵盤、6つのコントロールボタン、そして Nektar DAWインテグレーション - を提供します。

MIDITECH i2 mini32

あああ
  • 鍵盤 32鍵
  • 電源 USBバス電源方式 
  • サイズ 約46 cm x 13 cm x 5 cm
  • 重量 800g

価格:6千円~9千円

MIDITECHはオクターブ切り替えやトランスポーズ機能も標準。ピッチホイールだけでなくモジュレーションホイールも付属しています。

スライドタイプのボリュームコントロールも特徴の一つとなってます。[ad]

MIDITECHの特徴はとにかく外観がシンプルで迷わずに操作ができる点です。

あああ

ツマミやボタン操作が簡潔ですね。

32鍵で800g、縦幅が5cmと上記のキーボードに比べては少し大きめで、演奏の安定面からライブなどでも活躍するモデルです。

・i2 Mini32はベロシティ対応のミニ32鍵 USB MIDI-キーボードでF3- C6の音程に対応しています。・オクターブ アップ・ダウン スイッチによりオクターブを変更できます。赤いLEDで表示します。・トランスポーズ アップ・ダウン スイッチによりキーの変更ができます。青いLEDで表示します。・スライドタイプのボリュームコントロールがあります。

YOASOBIといえば2020年の紅白にも出場し、大きな話題を集めました。

特に2019年のデビュー曲「夜に駆ける」は発表7か月でYouTube2000万回再生を突破!ストリーミング累計回数5億回など圧倒的な大ヒットとなりました。

『夜に駆ける』は美しく透き通るIkuraさんのボーカルと、Ayaseさんの緻密に設計されたこのピアノカウンターメロがクセになり、聴く人を魅了します。

YOASOBIはプロデューサーのAyaseさんとシンガーソングライターのIkuraさんを中心としたユニットで、『小説を音楽にする』というコンセプトで活動をしており、『夜に駆ける』も『タナトスの誘惑』という小説から着想を得て創作されています。

そんな才能溢れるYOASOBIですがここ最近の活動の驀進で再注目されているAyaseさんの2019年のツイートがこちらです。

大ヒットを記録し、紅白に出場するような日本を代表する音楽ユニットの音楽制作環境がとにかくシンプルなのは衝撃的でしたね!

現在は構成が若干変わっているようですが、オーディオインターフェースも使わず新マックブックにヘッドホンでラフに作曲というシンプルなスタイルで作っているとのこと。

今回は日本の音楽界を牽引するユニットYOASOBIの使用機材を特集します!

AyaseさんのメインPCはマックブックを使用

「夜に駆ける」時点ではなんと中古の2009年のマックブックを使用していたとのこと。

現在流通しているPCに比べたらスペック的にも強くないと思われる10万円程度の中古マックで初期の名曲を世に生み出していると考えると、感慨深いものがありますね!

現在はさすがに買い替えているようで、デスクトップであるiMacとMacBookを併用しているようですが作業部屋に入るのが面倒とのことで基本はMacBookProで完結しているようです。

恐らくですが現在は8コア16スレッド以上のモデルを使用しているのではないかと察せられます。

AyaseさんDAWはLogicロジックを使用

Logicはアップルが提供する音楽制作ソフト通称DAWです。Logicの特徴としては

  • 他のDAWソフトに比べて約2万5千円と安い
  • DAWソフトとして動作が安定している
  • 特にマックブックなどアップルデバイスとの相性抜群

このような特徴が挙げられます。やはりマックブックを使っているなら、DAWは互換性の高いロジックというのも大きな選択となります。[ad]

実際DAWに関しては現在豊富な種類が出回っており、トライアルも含めていろいろなものを試してみると良いかと思います。

こういった様々な音楽制作ソフトが提供されています。当サイトではDAWの老舗であるスタインバーグのCUBASEをおすすめしています。

STEINBERG ( スタインバーグ )Cubase Pro 11 通常版 DAWソフトウェア最先端のミックス機能 80種類のオーディオエフェクト搭載

Ikuraさんのギター

YoasobiのボーカリストのIkuraさんはアコギでの弾き語りも行ってます。

Ikuraさんが使用しているギターはマーチンのEST 1833(イースト 1833)とのことです。3年前にはすでにこちらは使っていたようなので愛用しているようです。

弾き語りも澄んでいて透き通りのある素晴らしい歌声ですね![ad]

AyaseさんのモニターヘッドはAudio-technica ATH-M40x

2019年の時点ではATH-M40xを使用しています。

ATH-M40xの特徴としては高解像度のモニターヘッドにして1万円弱というコスパの良さです。

オーディオテクニカのモニターヘッドホンは質の高さが人気ですが、定番のSHURE (シュアー)SRH840などおよそ365gあるのに対してATH-M40xは240gと軽量です。[ad]

アメリカにおける定番ヘッドホンという評価も高い上位モデルである ATH-M50xの遺伝子を受け継ぎ、新開発のユニットを使用。

1万円台にして最高の音楽制作モニタリング環境を実現します。

ここ最近新調したようです。やはりオーディオテクニカを重宝してるんですね!

Audio-technica ATH-M40xモニターヘッドホン

モニタースピーカーreProducer Audio Epic 5

価格:15万5千円~17万円

モニタースピーカーのreProducer Audio Epic 5はわりかし最近導入したようで音楽制作室を作った時に入れたとのことです。

2015年設立の新しい会社reProducer Audio 社の初の製品がEpic 5です。Epic 5は8面体の珍しくも美しいコンパクトなデザインが特徴で、スタジオスタンダートのモニタースピーカーを目指して3年かけて開発されました。

  • ドライバー
  • パッシブラジエーター
  • アンプ
  • ハウジング

など、スピーカーを構成する主な関連部品を自社開発している点に、こだわりと理想のデバイスを追及する美学を感じます。

プロフェッショナルなワークフローの中でより早く確実に決定を下せるよう、フラットな周波数特性、全周波数帯域における速いトランジェントレスポンス、広大かつ自然なダイナミックレンジ、そして低ノイズと低歪みに至るまで、「正しいサウンド」をもたらすためのあらゆる条件を備えています。

異色の8面体モニタースピーカー 正確なサウンドと美しいデザイン、そしてリーズナブルな価格設定 フラットな周波数特性、全周波数帯域における速いトランジェントレスポンス、広大で自然なダイナミックレンジ、そして低ノイズと低歪みに至る、「正しいサウンド」をもたらすためのあらゆる条件を備えたアクティブスタジオモニタースピーカー

AyaseさんMIDIキーボードRoland-A-49を導入

ああ

価格:1万8千円~2万3千円

こちらも作業場設営にあたっての導入とのこと。Ayaseさんはマウスによる入力で曲を作っているという説も聞いたことがありますし、上記のツイートでもそうですがMIDIキーボードなしでも創作できるようですね。

「頭の中で常にメロディが生れている」とサウンドレコーディング2021年3月号でも語られていますし、完全天才肌なのでしょうが、YOASOBIのサウンド面での魅力であるキャッチーで繊細なピアノリフがマウス入力ていうのはその感性に驚愕ですね!

弾き心地を徹底追求した本格シンセ鍵盤を採用。3つのプラットフォームに対応したMIDIキーボード・コントローラー。

YOASOBIヨアソビのギターや楽器・使用機材特集まとめ

Ayaseさんはギターもピアノも弾けるようですが基本的にMacBookでの打ち込みをベースに作曲をこなしているようです。

PCにヘッドホン直刺しだけでヒット曲を作り上げるその感性の高さには脱帽ですね!

YOASOBIの今後の活躍に大注目です。

VRゴーグルのOculus Go (オキュラスゴー)が充電できなくなり、起動しない症状が出てしまいました。

通常は付属のUSBケーブルでPCと接続するとOculus本体上部のボタン横のランプがオレンジ色に点灯するはずです。

この写真のように正しく接続され充電されていたらオレンジ色にランプが点灯します。[ad]

症状としては

  • 充電オレンジがついては消え、ついては消え・・・という点滅を繰り返す。
  • 上手く接続できてしばらくオレンジ状態になっても気づいたら点灯が消えている
  • 確認するとほとんど充電が進んでいない
  • 放電の結果起動もできなくなった・・・!

このような状態です。

調べてみたら同様のトラブルはよく起こっているようです。

最終的には簡単に完治しました。ただ他の方で同じような症状で試してなさそうな方法なので一応まとめておきます。

電源を完全に切って再起動

PCやタブレットと一緒で、不具合が出たときは一度きちんと強制的に電源OFFにした状態で再起動することで症状が治ることがあります。

実際Oculus goで以前にも似たような症状が出たときは強制再起動で完治しました。

スイッチを長押しすることで電源を切ります。およそ10秒ほどですね。

そのうえでもう一度再起動して正常に動くか確認します。

う~ん・・・無視ですね・・。

今回は強制電源オフではダメでした・・・。[ad]

工場出荷初期状態に戻す

PCのリカバリーと同じで設定を一度初期化する方法です。工場出荷の状態に戻します。

ヘッドセットをかぶった状態で操作します。

  • 本体電源ボタンを長押しして電源をシャットダウンします。
  • 電源ボタンとボリュームボタンの―(マイナスボタン)を同時に押し続けます。
  • 起動画面が表示されるのでボリュームボタンで操作して「Factory Reset」を押します。
  • 「Yes」を押して、電源ボタンで実行します。

一度リカバリをかけてみたんですがダメでした・・・。

[ad]

完全に放電したあとに充電してみる

VRゴーグルに限らずパソコンなどの不具合でも言えることですが、一度1日ほど放電してみて完全に電気を抜いた状態で充電すると症状が改善することもあります。

今回は2日放置しました。

  • 電源につながずにボタン押しても起動しない状態まで放電した
  • 放電後にケーブルをさして充電
  • やっぱり充電されない・・・・・

放電試したんですがやっぱりダメでした・・・。もうOCULUS GOオワコンのようですね・・・。

しかしそこで 単純な方法を試してないな・・と思い至りました。

Oculus付属のマイクロUSBケーブルを変更してみるというものです。[ad]

他のACケーブルタイプを試してみる

オキュラスゴー付属のケーブルはUSBのマイクロタイプです。PCバスパワーでの電源供給となります。

これをスマホのACアダプタタイプのUSBマイクロケーブルで試してみました。

ACアダプタタイプなのでPCからではなくコンセントから電源を得ます。

Oculus Goと接続してみると・・。

つくじゃん。

しかも充電完了までが早い。びっくり。

ということで完治しました。ただ単に電源供給が安定したから改善されたと思ったのですが・・。

ケーブルによって充電できたりできなかったり

USBハブ同様PCのバスパワーより、ACケーブルタイプでコンセントからの電源供給のほうがデバイスが安定することは考えられます。[ad]

関連記事:USBハブ特集!セルフパワー付きがオススメ!

https://nuzikcapo.com/usb-hub-selfpower/

今回のOculus Go電源不具合にしてもACケーブルにより、電源供給が強くなり安定したことが症状改善につながったのかなと考えました。

しかしもう一つ手持ちのACタイプのマイクロケーブルはダメでした。

要領を得ない結果ではあるのですがVRゴーグル本体のコネクタ部分がゆるんでいるのかもしれません。

きちんと充電できた白いACケーブルのほうが確かに物理的にかっちりはまってます

とりあえず今のところ問題なく使えるので個人的にはこれでOKです。[ad]

Oculus Goが起動しない/バッテリー充電できない症状完治まとめ

ただし、ケーブルを含めてデバイス類は正規品のものを使ったほうが無難と言えます。

バッテリーが長持ちしたり、故障しづらかったり、相性が良い、故障したときに保証対象外になる危険、その他不具合が少ない・・・など・・・。

しかし、自己責任にはなりますがデバイスに不具合が生じた時はACアダプタタイプを試してみると良いかもしれません。

Amazon Oculus Go オキュラス 単体型VRヘッドセット

楽天 Oculus Go オキュラス 単体型VRヘッドセット

アマゾンACタイプマイクロ-B-USBケーブル

楽天ACタイプマイクロ-B-USBケーブル

スマホやIPHONEやIPADなどのタブレットが登場して久しいですが、作業効率を考えたときに一台は持っておきたいのがパソコンだと思います。

DTMも一般化しており音楽制作にしろ、動画編集やゲームはもちろん事務や仕事などいまだにパソコンは重要なデバイスです。

これだけPCが普及していても、10万円から高ければ30万円する高価なものですね。

パソコン購入にあたってできるだけ値段は抑えてコスパの良い高性能なPCが欲しいものですが

世の中そんなに甘くないぜ・・・

と考えがちですが比較的安く性能の高いPCがあります。

おすすめしたいのがマウスコンピューターのようなBTOパソコンです。

BTOパソコンとは自分の必要な機能を足していってカスタマイズする。オーダーメイド式のパソコンです。

BTOメーカーの中でも有名なマウスコンピューター

カスタム式といっても自分で組み立てるのではなくBTOパソコンメーカーが全て作って提供してくれます。

納品も早かったら発注して3,4日など。

そのうえで

  • CPUはアップグレード
  • メモリを8G追加
  • HDDからより高速なSSDへ変更

など追加で料金が変わるシステムです。

オプションを追加しオーダーしたものが納品または店頭で購入できるというわけです。

そのBTOパソコンメーカーも多くある中で特に有名なメーカーといえばマウスコンピューターと言えるかと思います。

乃木坂がCMしていたことでも有名ですね。

DTM用に自分自身マウスのPCを今まで2台使用。

上のノートPCは7~8年前から使いこんでたもので、まず値段が安くて操作性も高く重宝してました。

BTOパソコンのメリットの一つはカスタマイズ性にあるかと思います。

しょっぱなのスペックがHDDでメモリ8GBだったのでSSDに換装してメモリは16GBに実装して使用しました。

もちろんマザーボードとの兼ね合いなど後から昨日の追加に限界がある場合もあるので確認は必要ですが予算にあわせてオリジナルにカスタムしやすいのもBTOパソコンの大きな魅力です。[ad]

関連記事 パソコン改造 マウスのノートPCのメモリを増設!
関連記事 パソコン改造 マウスのノートPCのHDDをSSDへ換装!!

DTMにもマウスのPCはおすすめ

音楽制作をするパソコンも動画編集や高画質のゲームほどではなくともある程度の高いスペックを要求されます。

最近のDAW(音楽制作ソフト)は非常に高性能で多機能であるのでその性能を存分に発揮し、効率の良いストレスフリーの作業を実現するためにもPCのスペックにはこだわったほうが良いです。

そのうえで例えばノートPCでのDTMに向いたスペックと言いますと

  • 液晶は13~17型(好みと環境によりけり)
  • CPUはインテルだとCOREi5かCOREi7の第9世代以降。最低4コア!
  • メモリは8GB以上できれば16GB。
  • SSD240GB~HDD1TB~
  • GEFORCEなどのグラフィックスは無くてPC標準でOK!

こういったスペックが挙げられるかと思います。

例えばマウスコンピューターの15.6型 mouse B5 シリーズ mouse B5-i7。

こちらはスタンダートなノートPCでありながらCOREi7の第10世代でメモリ8GB、SSD256GB搭載となってます。

その高スペックで現在税別で8万円以下。

さらにメモリを16GBに増設して1TBの内蔵HDDをたしても税込みで11万円いかないカスタムができます。

ノートPCでこの価格はユーザーとしては嬉しい限りです。

mouse X5をマウスコンピューターで探す[ad]

ゲームや動画制作にも強み

DTM以上に高いスペックを要求される高解像度のゲーミングや動画編集などのクリエイトもマウスコンピュータのデバイスはおすすめです。

有名なマウスのDAIVシリーズのようにクリエイトに特化した高スペックシリーズも人気が高いです。

デスクトップのマウスのDAIV Z5などCore™ i7-10700 でグラフィックスはGeForce® GTX 1650 SUPER™ メモリ16GB~で128,000円税別がスタートです!

求めるスペックによりけりですがこのスタート時点でスペックが高く、20万円もあれば10年前だと考えられないスペックのデバイスを手にすることが可能な時代です・・・。

DAIVはおすすめです。[ad]

マウスのアウトレットを狙うのも乙!

アウトレット品を狙うというのも賢い買い方かと思います。

型落ちで在庫処分したいデバイスや、展示品、試用品のパソコンなどメーカーがさばいてしまいたい商品を特価で販売されています。

とはいえつい最近まで通常価格で販売されていた商品。ものにもよりますが全然スペックは良いことが多いのです。

このページはたまにチェックしておくと思わぬお宝に巡り合えるかもしれませんのでオススメです![ad]

DTMにおすすめマウスコンピューター!まとめ

ストレスの少ないクリエイティブ環境を整えるにはまずパソコンのスペックが重要となります。

高価なオーディオインターフェースとPRO仕様のDAWを整えて高性能なコンデンサーマイクを買ってもパソコンがWINDOWSXPメモリ2GB!!とかだとちょっと音楽制作厳しいですね泣

直感的な制作の土台であり要であるパソコンはある程度の実装をしておきたいものです。

マウスコンピュータだと10年前では一般向けとしては考えられないような高いスペックを低価格で購入することができます。

しかも低予算でもある程度カスタムもしやすいのがBTOの特徴ですので初期投資は抑えて後からメモリを追加したりHDDからSSDに換装したりと自由度も比較的高いのがうれしいですね。

クリエイティブ環境をさらに高めてくれるようなインスピレーションをかきたてられるオリジナルパソコンに出会えたら良いですね![ad]

Native Instruments社の誇る超強力サウンドバンドルであるKOMPLETEを最新のコンプリート12アルティメイトにアップデートしました。

通常版コンプリート12でも膨大なサウンドバンドルですがアルティメイトの量はハンパないっす( ・ω・)

これからどんどん使っていこうと思います。

そしてNI社の世界ヒットのソフトシンセである「MASSIVE」が進化して「MASSIVE X」として登場しました!

KOMPLETE12にも付属しているこのMASSIVEX。

自分としても楽しみだったのでこのMASSIVEXを中心とした曲を作ってみました。

[ad]

パッドもプラックもリードも強いMASSIVE-X

とりま、こんな感じに(о ̄∇ ̄)

MASSIVE-Xはプリセットも豊富で色々聞いてみましたが即戦力になる目立つ音色が多い印象です。

最初綺麗めなプリセットをいくつか発見したんでバラードのインストを作ろうかと思ったんですが途中で攻撃的な音色を発見したので展開としてはロックにしました。

このしょっぱなイントロのやわらかいふんわりオルガンやパッドも艶のあるフルートもMASSIVEXを使用してます。

ちょっとFFっぽい感じにしたくてフルートのプリセットが綺麗だったんでいれました。

バックのパッドも今回は単音でメロとしていれましたが広がりあってやわらかくていい音ですね。

そしてこの少し尖った硬いけど綺麗なシンセ音も好きです。リリース長めにしました。

もうちょいリバーヴかければよかったかな。

でも良いプリセットですね!

このMASSIVEXの綺麗なパッドとフルートとあうなと~勝手に思って採用。

MASSIVEXは単音でも広がりがある空気感豊かなプリセットが多い点も使いやすいです。

スポンサーリンク


パッドに軽めにアルペジオ入れてますがMASSIVEXのオルガン系のプリセットにCUBASEのアルペジエイターであるarpache入れてます。

アルペジオ打ち込むのがめんどくさかった!!

アルペジエイターて便利ですよね。。[ad]

強めのリードがかっこいいのでロックに変更

攻撃的な音も前回のMASSIVEに引き続きかっこいいですね。

この不穏でとがった感じの音を見つけてしまったんでしょっぱなのバラードから展開をロックにしました。

こういう警告音のようなアタック強い音源はナイスです。

それと今回は使ってないですがマッシヴXのEDMの定番であるダッキングベースも使いやすそうです。

音の厚みがあってインパクトありますね。

これはEDM中心にポップでもなんでも使えそうです。

ちなみに今回は定番のシンセMASSIVEマッシヴも使ってます。

いかにもMASSIVE!!っていうアタックの強い前面に押し出てくるようなリードですね。

ゴリゴリです。

自分よくこの攻撃的な音色使います。[ad]

MASSIVE-Xレビューまとめ

今回は導入したばかりのMASSIVE-X中心に曲作ってみました。

まだ全然使いこなせてませんがこれから楽しみですね。

使ってみた感じMASSIVEXは少し重い印象です。

今回は実験的にMASSIVEXをインストゥツメントトラックに12,3立ち上げてやってみましたが立ち上がりも少々遅いですね。

定番のMASSIVEは動作も軽いので上手く使い分けたらいいのかなといった感じです。

オシレーターなどシンセとしての細かい使い方や特徴などは他の方の記事みてください(´▽`)

自分プリセットベースで面白かったら使っていくタイプなんで!

MASSIVEXを含めて今回KOMPLETE12ULTIMATEを手に入れてよかったです。

今回の曲でもアルティメイト付属のKONTAKT音源であるファンクギタリストも使用してます。使いやすいですし音も秀逸で重宝してます。[ad]

KOMPLETE12おすすめです。

とりま通常バージョンさえ手に入れれば曲作りの選択肢かなり広がるかと思います。

KOMPLETE12(通常バージョン)
サウンドハウス

マッシヴやラウンド、FM8、ABSYNTH、BATTERY4など有名シンセががっちり詰まってるバンドルです。

アマゾン価格:¥ 69,800 通常配送無料
サウンドハウス

KOMPLETE12アルティメイト
サウンドハウス

アマゾン価格¥ 139,800 通常配送無料
サウンドハウス

KOMPLETE 12 ULTIMATE Collectors Edition

アマゾン価格: ¥ 198,000 通常配送無料

サウンドハウス

以前のバージョンからアップデート!KOMPLETE12へ!

KOMPLETE2-11までのバージョンから12へアップデートするプランです。

アマゾン価格: ¥ 24,800 通常配送無料

サウンドハウス

今回CUBASEで作った曲です。

自分はCUBASE付属のソフトシンセのHALIONSEやREVEAL社のSPIREなども使ってますがNATIVE INSTRUMENTS(以下NI)のシンセやプラグインのバンドルであるKOMPLETE(コンプリート)のシンセも多用してます。

最新のKOMPLETE12アルティメイトを購入しました。

KOMPLETE機能比較

サウンドハウス

KOMPLETEコンプリートはNI社が単体でも発売しているソフトシンセやプラグインなどをバンドルしている製品です。

NIの有名なソフトシンセ「MASSIVE」や「ROUND」「FM8」など即戦力となるシンセが多数入ってます。

とにかくコンプリートは音源集として容量がすさまじいのが特徴です。

関連記事  KOMPLETE12(コンプリート12)特集!!

通常バージョンのコンプリートは

  • 含まれる製品の数は50種類以上!サウンドの数は25,000以上!容量はなんとおよそ220GB!

コンプリート上位バージョンである「アルティメイト」は

  • 含まれる製品の数は100種類以上!サウンドの数は45,000以上!容量はなんとおよそ600GB!

この時点で意味がわかんないんですが・・NIの最強バンドルといえるコンプリートアルティメイトコレクターズエディションとなると

  • 含まれる製品の数は100種類以上!サウンドの数は90,000以上!容量はなんとおよそ900GB!

もう凄すぎます。[ad]

自分はアルティメイトを持ってます。全機能は使いきれてないですね・・・。

シンセだけでなくプラグインなども豊富です。NIの有名シンセMASSIVEの後継MASSIVEXもバンドルされています。

MASSIVEX中心にDTMしてみました。

関連記事:ソフトシンセMASSIVEXで曲作り

MASSIVEXはパッドもふくよかで、プラックも広がりがありリード系の音色もアタックと音圧感が強くめっちゃ使えます![ad]

DAMAGEとEVOLVE MUTATIONSが良い感じ

wiki ハンス・ジマーHans Florian Zimmer氏

コンプリート音源で自分が作ったこの曲でわかりやすいのはこのパーカッションで使っている「DAMAGE」と「EVOLVE MUTATIONS2」の音色かなと思います。

このドラム・パーカッションは映画音楽作曲家のハンスジマー氏が作るような洋画のバックでよく流れる感じの壮大なサウンドを意識してます。

ハンスジマー氏はダークナイトやパイレーツオブカリビアン、インセプション、グラディエイターなどの作品が有名でとにかくサウンドが壮大でかっこいいですね!

自分が今回使ったパーカッションの音源は「EVOLVE MUTATIONS2」と「DAMAGE」です。2つを混ぜ混ぜしてます。

自分が打ち込んだパーカッション部分です。

聴いてみると結構打ち込みは正直雑なんですが・・・

まぁまぁ形になってますね。[ad]

EVOLVE MUTATIONS

「EVOLVE MUTATIONS2」は今回ハットやボンゴっぽい軽いパーカッシヴサウンド担当にしてます。

パーカッション音が広がりあって使いやすいなと感じてます。

バススネアが壮大なDAMAGE

「DAMAGE」はこのハンスジマーのシネマサウンドの特徴であるバスとスネアを担当。

「DAMAGE」もほんと使い勝手がいいです。

聴いたことがあるあのサウンドって感じですね。[ad]

威厳のあるオーケストラパーカッションかっこいいです。

自分はバスとスネアをワンショットで使いましたがDAMAGEはパーカッションがひとまとまりになったループでも使えるのが嬉しいです。

上の音源はこのようにループ再生してます。ワンショットでの打ち込みが苦手な方でもループがあればビートメーキングは圧倒的に楽になりますね。

「EVOLVE MUTATIONS2」と「DAMAGE」おすすめです。

ただこの二つはKOMPLETEの通常版には入っておらず上位版のKOMPLETE ULTIMATEに収録されてます。

それぞれ単体でも買えますがULTIMATEというNIの最強バンドルは45,000 以上のサウンド、600 GB以上のコンテンツという狂っている量でありながら良質なバンドルなのでおすすめです。[ad]

ちなみにハンスジマー氏はCUBASE使用

ハンスジマーさんはCUBASE使用者で有名です。

自分もCUBASE5からアップデート続けて現在10をつかってます。

キューベースはユーザー数も多いのでわからないことは調べたらすぐ検索引っ掛かることが多いのも魅力です。おすすめDAWです!

サウンドハウスSTEINBERG (スタインバーグ)Cubase Pro 10送料無料58,752円

なんといっても定番MASSIVE最高

NIのソフトシンセといえば定番のMASSIVEといった印象ですね。

オラオラゴリゴリのEDMのリードやバッキングからソフトなプラックまでなんでもいけます。しかも動作が軽い!

ハードなダブステップなど大活躍ですね。

尖った音圧あるサウンドがかっこいいです。

プリセットも豊富ですが、いろんなサイトで販売されているので音作りが苦手な人でも無限に楽しめると思います。

MASSIVEはKOMPLETEの通常版から入ってます。超超即戦力なシンセです!

ソフトシンセROUNDが使いやすい

REAKTORに入っているROUNDSも好きなシンセです。

やわらかさとアタックと広がりと軽さ!かね揃えているシンセですね。EDM系のリードでも使いやすいです。

プラックやパッドでも素晴らしい音色があります。ROUNDはプリセットも豊富なので嬉しいです。

KOMPLETRE通常版に収録されているのも良いですね![ad]

モナークの幽玄サウンドもおすすめ

熱が続いて変な曲が出来上がってましたが「モナーク」が良い感じだな~と思います。

浮遊感いいですね。

個人的には幽玄な浮遊サウンドが好きですが他にも全然作りこめます。

要所要所で活躍してくれると思います。

「モナーク」も通常版のコンプリートに付属してます。[ad]

ピアノ音源ALICIA`S KEYSが秀逸

wiki AliciaKeys

タイトル通りR&BのシンガーアリシアキーズとNIのコラボ音源です。

アリシアキーズは「エンパイアステートオブマイン」など有名ですね。アリシアのソロバージョンとJAYZのラップバージョンどっちも好きです。

このNIのALICIA`S KEYSはアリシアキーズのグランドピアノYamaha C3 Neoからのサンプリングです。

クリアでソウルフルなピアノの質感だけでなく精密にペダル感なども再現されています。

ALICIA`S KEYSもKOMPLETE通常版に収録されています。[ad]

NIのKomplete音源は何かと重宝する件まとめ

別の曲ですがやっぱコンプリートは重宝しますね。

個人的には最初はKOMPLETE7の通常版から使い始めました。次に8にアップデートして10のアルティメイトにアップグレードしてます。

アップデートで新しいバージョンを使うたびにサウンドが洗練されて進化しているのが分かります。

とりあえず通常版だけで物凄い容量なので一つあるとめっちゃ重宝するかと思います。

あとからアルティメイトなどアップグレードもできますしね。

コンプリート相変わらずおすすめです!

KOMPLETE12(通常バージョン)

サウンドハウス

マッシヴやラウンド、FM8、ABSYNTH、BATTERY4など有名シンセががっちり詰まってるバンドルです。

アマゾン価格:¥ 69,800 通常配送無料
サウンドハウス

KOMPLETE12アルティメイト

サウンドハウス

アマゾン価格¥ 139,800 通常配送無料
サウンドハウス

KOMPLETE 12 ULTIMATE Collectors Edition

アマゾン価格: ¥ 198,000 通常配送無料

サウンドハウス

以前のバージョンからアップデート!KOMPLETE12へ!

KOMPLETE2-11までのバージョンから12へアップデートするプランです。

アマゾン価格: ¥ 24,800 通常配送無料

サウンドハウス

DTMや宅録など現代のデジタル録音においてオーディオインターフェースは欠かせないデバイスです。

ヤマハスタインバーグのオーディオインターフェースであるUR22MK2は

  • IOとしてのクオリティの高さにして1万円台という安さ
  • DPREという高精度のマイクプリを搭載

しておりコスパの高さでDTMや配信するアーティストに大人気で最もポピュラーなIOの一つといえます。

 

初心者の方や始めてオーディオインターフェースを購入した方などは

  • オーディオインターフェースの使い方は?
  • オーディオインターフェースの接続方法は?
  • ドライバのダウンロードが必要なのか?

など戸惑うこともあると思いますので記事にします。

今回はスタインバーグのIOであるUR22MK2を使って接続方法や使い方を解説します。

 

IOとスピーカーを先に接続

PCとの接続後に音声が流れるか確認するためにもスピーカーをお持ちの方は先に接続しておきましょう

UR22MK2の裏側面の出力からIOとスピーカーをケーブルで接続します。

注意点はオーディオインターフェースのボリュームやGEIN(ゲイン)とスピーカーの電源は切った状態で繋いだほうが安全です。

写真のようにUR22MK2の主要なツマミは全部左に向けてミュートしています。

音量ツマミがあがった状態でのケーブルの抜き差しはデバイスの故障の原因にもなります。

[ad]

PCとオーディオインターフェースを接続する

UR22MK2の接続端子はUSB2.0なので付属のUSBケーブルでパソコン側のUSBポートと接続します。

UR22MK2はUSBハブパワー対応なのでパソコンからの電源供給で可動できます

この本体のUSBの部分が白くつけばPCと正しく接続できています

当然オーディオインターフェースによって接続方式は変わりますので商品説明を把握して正しいケーブルやパーツを選びたいですね!

自分的にはアポロツインUSBとアポロMK2が当初接続が良く分からなかったのでちょっと苦労しました。。。。

ドライバーが入ってなければインストール

オーディオインターフェースに限らずプリンタやPCキーボードなど各種デバイスをPCで使用するためには動作に必要なプログラムであるドライバをパソコンにインストールする必要があります。

そのデバイスにもよりますが多くのものはPCと正しく接続出来たら自動でインストールされることが多いです。

スタインバーグのオーディオインターフェース用のドライバは「YAMAHA STEINBERG USB AUDIO」となります。

UR22MK2をつなぐと「YAMAHA STEINBERG USB AUDIO」が自動で読み込まれました。

[ad]

ドライバが正しくインストールされているか確認してみる

ドライバがインストールされ、正しくオーディオインターフェースがPCに認識されている場合はパソコンの音声タブを押すとドライバ名が表示されているはずです。

パソコンの再生デバイスをUR22MK2に設定するとPCのサウンドカードではなくUR22MK2から出力されるという設定に変更されます。

オーディオインターフェースによってはDAWの出力が優先でPCのその他のプログラムは音声がミュートされる場合があります。

ドライバに不具合があったり最新のドライバじゃない場合はスタインバーグのHPのドライバページからインストールしましょう。↓↓

Yamaha Steinberg USB Driverダウンロードページ

音を出してみる!

これである程度使える状態になったかと思います。

音声が流れるか確認します。

何か音声ファイルや楽曲など流してみましょう。

右側のOUTPUTが出力をつかさどるツマミなので徐々に回していきます。

CUBASEなどDAWを立ち上げての音声確認はINPUT/DAWのツマミもあげないと出力されません。

[ad]

DAWも立ち上げて設定しよう!

CUBASEなど音楽制作ソフトDAWを立ち上げてオーディオインターフェースが認識されているか確認しましょう。

CUBASEの場合は上のメニューバーから「スタジオ」(CUBASE以前のバージョンだとデバイス)から「スタジオ設定」(以前は「デバイス設定」)をクリック。

VSTオーディオシステムから専用ドライバである「YAMAHA STEINBERG USB AUDIO」を選択します。

これでDAW側がUR22MK2をサウンドデバイスのメインとして設定されました。

DAWの入出力を設定

次にDAWの入出力とオーディオインターフェースの入出力を一致させます。

スタジオ設定からオーディオコネクションを選び「入力」からUR22MK2INPUT1,2を選択します。

マイクなどライン入力はUR22MK2の入力1から入りますという設定です。

同じく出力を選択してOUTPUT1/L、OUTPUT2/Rになっているか確認します。

スピーカー置く位置を左右逆に間違っていたら後から困るのでご確認ください!

これでDAW側の設定は完了です!

音が流れるか再生してみましょう!

[ad]

UR22mk2にヘッドホンを接続する

スピーカーを接続出来たらヘッドホンを繋げてみましょう。

UR22mk2のヘッドホンの入力端子はフォンジャックとなってます。3.5mのジャックの場合は変換プラグが必要となります。

「Phones」ツマミを上げることで音量調節ができます。

UR22mk2は「Phones」ツマミを上げるとスッっと音が立ち上がるので心地良いですよ!

IOとマイクの接続方法

マイクの接続端子をUR22MK2に接続します。

マイクはXLRと呼ばれる3本の端子が多いです。

UR22MK2の入力に刺します。

UR22mk2の場合マイクの先端がフォンでもXLRでも入力できます。

↓こういう接続プラグがフォンプラグです。

↓こういう接続プラグがXLRです。

コンデンサーマイクの場合は+48設定が必要!

コンデンサーマイクは上記のような形状をしたマイクです。カラオケなどでみかけるマイクはいわゆるダイナミックマイクで、種類が異なります。

コンデンサーの場合はファンタム電源のためオーディオインターフェース側からマイクへ電源の供給が必要となります。

オーディオインターフェース側で「+48」とかかれたツマミやボタンなどで設定できることが多いです。

UR22MK2の場合は裏側面にツマミがついています。

[ad]

オーディオインターフェースからマイクに対して電源を供給するボタンということです。

コンデンサーマイクを使用するときはこのように「+48V」が点灯していたら電源供給されているという事になります。

IPADとの接続

UR22MK2やUR28Mの新しいバージョンはIPADを使ったDTMが可能です。

「Apple iPad Camera Connection Kit」または「Lightning - USBカメラアダプタ」、5V micro USBケーブルが必要となります。

パソコンに比べてIPADからは電源供給が弱いため5V USBケーブルをコンセントに刺してUR22MK2を安定的に稼働させます。

CUBASIS-LEというCUBASEのIPAD版のアプリはUR22MK2に付属しているので即日でDTMが可能です。

[ad]

オーディオインターフェース使い方!UR22MK2のPC接続方法!!まとめ

今回はUR22MK2を中心にオーディオインターフェースの接続の仕方を特集しました。

ここ最新のオーディオインターフェースは価格が安いものでも性能はしっかりしており、優秀なものが多いです。

DTMに必須のIOを使いこなして素晴らしい音楽制作や配信を行いたいですね!

廉価版のオーディオインターフェースの今や代名詞といった感があるUR22MK2おすすめです。

URRT2も注目!

サウンドハウス STEINBERG (スタインバーグ)UR-RT2 USBオーディオインターフェイス¥37,789円送料込み

価格:3万7千円~4万円前後

入出力数:4イン/2アウト

老舗の音楽制作ソフトCUBASEを発売しているスタインバーグの最新オーディインターフェース「UR-RT2」。洗練された高級感がありかつコンパクトなデザインはもちろん、定番の高音質マイクプリ「DPRE」を搭載しています。

UR22MK2やUR28Mよりも高い価格帯のハイグレードモデルといった位置づけでしょう。

入出力数は4イン2アウトとなってます。

DAWを持っていない人にも嬉しいのがCUBASE-AIが付属している点です。こちらは有名DAWであるCUBASEの簡易版で、UR-RT2を購入したその日からDTMを始めることができます。

そしてIPADのレコーディングにも対応しているのが大きなメリットです。

現代の音楽制作を追求したデバイスとなってます!

おすすめです!

スタインバーグURRT2

サウンドハウス STEINBERG (スタインバーグ)UR-RT2 USBオーディオインターフェイス¥37,789円送料込み

2021年3月29日リンク更新しました。

オーディオインターフェースはDTMを行うにあたってパソコンと音楽製作ソフトDAWと並ぶ重要デバイスといえます。

ひと昔前のデバイスに比べても現在は様々な機能や特性があり廉価なオーディオインターフェースでも高音質は最低条件であり、高度なマイクプリアンプが搭載されていたりとDTMの初心者にとっても充実した録音環境が整いやすいのが現代の音楽制作の大きなメリットかと思います。

今やオーディオメーカー各社が製品のクオリティで競い合っており、安かろう悪かろうの時代ではないというのはユーザーとしては嬉しい限りです。

DSP機能が搭載してあり音の遅延であるレイテンシーがほぼ0でのエフェクトを使用できたり、ミキサー機能が付属しており操作性にたけたもの、モニターコントロール機能がついていたりとひとえにオーディオインターフェースといえどその特性は様々です。

今回は2021年最新のオーディオインターフェース選び方を特集します!

関連記事:オーディオインターフェース使い方!UR22MK2のPC接続方法!

まずオーディオインターフェースとは?


オーディオインターフェースはボーカルやピアノ・ギターなどのアナログ信号をデジタル信号へと変換または逆にデジタルからアナログへと変換し再生するために必要となるサウンドデバイスです。

ツマミがついたミキサー機能搭載のものも見受けられますがアナログミキサーと違うのはこのAD/DA変換となります。

DTMの必須アイテムの一つがオーディオインターフェースです。

自分はユニバーサルオーディオのAPOLLO TWIN-USBや、スタインバーグのUR28Mを使っており、以前はUR22MK2やヤマハのものなどいろいろ試してきました。

安くても素晴らしいスペックを誇るデバイスが現在多々販売されています!制作環境にぴったりのモデルが見つかると良いですね!

関連記事 オーディオインターフェースとは?

[ad]

最新のオーディオインターフェース選び方は?

ここ数年はPCの高スペック化やコスパの高いBTOパソコンのさらなる普及など低価格化も進みPCを使用した音楽制作DTMの一般化が進んでいます。

関連記事 DTMとは?初心者の始め方特集!

サウンドメーカーがしのぎを削り様々なデバイスやソフト・プラグインが開発され多機能化しており、宅録者にとって嬉しい選択肢の広いDTM環境が実現されています!

オーディオインターフェースも安かろう悪かろうの時代ではなく、1万円台でも多機能で優れたプリアンプが搭載されていたりします。

オーディオインターフェースの選び方としては

  • 値段やコスパ
  • 音楽製作ソフトのDAWが付属しているか?
  • プロレベルか初心者向けか?求める環境

こういったところが基準になりそうです。

それらをふまえて現在のオーディオインターフェースの選び方を特集します。

オーディオインターフェース選び方1:値段とコスパ

ひとえにオーディオインターフェースといっても値段は様々です。

ただし数多くのIOが台頭している中で大手競合がせめぎあい低価格なものでも高品質なデバイスが多々あります。

スタインバーグUR22mk2

スタインバーグのUR22MK2など1万5千円前後にして優れたクオリティさから大ヒットしており良い例かと思います。

DTM初心者で1万円台から選ぼうと思ったらKOMPLETE AUDIO 2やスタインバーグのUR22MK2などやはり大手のメーカーのオーディオインターフェースから選ぶことをおすすめします。

DTM中級者でさらなる音質を追求したい方は5万円前後のミドルレンジを狙うのも良いかと思います。

サウンドハウス STEINBERG (スタインバーグ)UR-RT2 USBオーディオインターフェイス¥37,789円送料込み

最近ではスタインバーグUR-RT2のようにハイグレードながら価格帯としては4万円以下のモデルも発売されています。

プロ品質の環境や高音質を得たい方は10万円~クラスの世界的にヒットしているモデルがおすすめです。

高価格帯のオーディオインターフェースはその安定性や解像度の高さだけでなく、DSPを搭載したモデルもあり、高機能なプラグインを低レイテンシーでかけ録りできるといった大きなメリットを持ったデバイスもあります。

APOLLO TWIN MKII RMEのBABYFACE-PROなどが有名です。

自身も使用しているアポロツインで使えるUADプラグインは、NEVEや1176のリミッターなど超有名で普段使うことができないような効果な機材をモデリングしており、非常に重宝してます。

[ad]

選び方2:DAW音楽制作ソフトが付属している?

これからDTMを始めたい方はPCは持っていてもDAWを持っていない方もいるかと思います。

初心者の方はDTMで必須のオーディインターフェースでDAWの簡易版がついたものを購入するというのも選択肢としてあるかとおもいます。

簡易版のDAWはプロ版に比べて機能制限や入っている音源数が少ないなどのもので、オーディオインターフェースを購入した日からDTMができ、予算がある時にDAWを購入するなどの選択肢もできます。

高価格帯のオーディオインターフェースはDAWを持っているのが前提といった感があるので簡易版DAWはついてないことが多いです。

[ad]

選び方3:自分の求める録音環境は?

入出力数などDTMの環境によっても求めるスペックは当然変わります。

個人でDTMをしており、アコギとボーカル録音がメインでコンパクトな宅録環境が欲しい方は2イン2アウトでもOKでしょう!

いくつものスピーカーでモニターしたい人はアウト数が重要ですし、バンド録音などとなると入力数も変わります。

また、現在はPCだけでなくIPADを中心としたレコーディングも普及しておりIPADのアプリにも対応したデバイスか?など自身のDTM環境にあったものを選択すべきかと思います。

ここから2021年おすすめのオーディオインターフェースを紹介していきます!

コスパが良い!KOMPLETE AUDIO2!

サウンドハウスNative Instruments (ネイティブインストゥルメンツ)KOMPLETE AUDIO 2¥16,800円送料無料

価格:16,800円~

入出力数:2イン/2アウト

廉価なコスパに強いオーディオインターフェースKOMPLETE AUDIO2が新発売です。NATIVE INSTRUMENTS社といえば膨大なサンプルとソフトシンセバンドルであるKOMPLETE12を発売しているオーディオメーカーとして非常に有名です。ソフトシンセ「MASSIVE(マッシヴ)」などEDM界でも必須といえるシンセを発売している会社です。

このKOMPLETE AUDIO2は現在の小規模のレコーディングや配信、ギタリストなどに最適なコンパクトで手軽なオーディオインターフェースです。

2イン/2アウトと使い勝手のいいデバイスとなってます。

ツマミの大きな操作性に優れたデザインも素敵で、大ヒット音楽製作ソフトのエイブルトン10LITEも付属してます!

嬉しいですね。エイブルトン10といえばEDM界の寵児スクリレックスが使用していることでも知られています。

サウンドハウスNative Instruments (ネイティブインストゥルメンツ)KOMPLETE AUDIO 2¥16,800円送料無料

アマゾン価格Native Instruments (ネイティブインストゥルメンツ)KOMPLETE AUDIO 2¥16,800円送料無料

楽天市場

相変わらずの大人気!UR22MK2!

1万2-5千円くらい!

入出力数:2イン/2アウト

UR22MK2は発売以来安さに対してのクオリティの高さから大人気のIOです。

自分も持っておりスタジオに持ち込んで使用していました。

入出力数は2イン2アウトとなってます。

そしてDAWはCUBASEの簡易版CUBASE-AIが付属しており初心者でもすぐにDTMを楽しめます。

老舗DAWのCUBASEを発売しているスタインバーグのデバイスということもありCubase との相性バツグンです。新しいMK2はIPADにも対応しているのが大きな特徴です。

IPAD用のDAWアプリ「 Cubasis LE」が利用できます。

場所を選ばずに録音ができるのは嬉しい限りです。IPadとの接続には、「ライトニングUSBアダプタ」が必要です。

廉価版のオーディオインターフェースの今や代名詞といった感があるUR22MK2おすすめです。

コンプかけどりに注目!RUBIX24!

サウンドハウス ROLAND (ローランド)Rubix24 USBオーディオインターフェイス (UA55後継機種)¥21,794円

価格:2万2,3千円~

入出力数:2イン/4アウト

人気のRUBIX2のグレードアップです。

RUBIX24はレベル・インジケーターが見やすくて特徴的でなんといってもコンプレッサー/リミッターが搭載されているのがメリットです。

入出力数は2イン4アウトとなってます。

DAWはAbleton Live(エイブルトン) Liteをバンドルされているのが嬉しいですね。

この価格でコンプ機能搭載など非常にコスパが高いモデルかと思います。

サウンドハウス ROLAND (ローランド)Rubix24 USBオーディオインターフェイス (UA55後継機種)¥21,794円

サウンドハウス ROLAND (ローランド)Rubix24 USBオーディオインターフェイス (UA55後継機種)¥21,794円

アマゾン価格ROLAND (ローランド)Rubix24 USBオーディオインターフェイス¥22,680円送料無料

楽天市場

安くてレイテンシーの少ないIO!UAC-2!

サウンドハウス ZOOM (ズーム)UAC-2 オーディオインターフェイス USB3.0USB接続オーディオインターフェイス ¥22,356円送料無料

価格:2万3千円~8千円

入出力数:2イン2アウト

UAC-2はUSB2.0約10倍の転送速度を可能としたUSB3.0を採用しており、音の遅延であるレイテンシーは2.2msという驚異的な強さを誇っています。

それでありながら値段は2万円台と価格破壊のようなスペックの高さで人気を獲得しています。

PCにアプリを入れ込んでUAC2の設定を画面上から操作することも可能です。

リバーブやローカットやファンタム電源の設定など視覚的に分かりやすく操作できます。

この価格でリバーブなどDSP機能がついておりPCのCPU負荷のないレオーディングが可能となってます。

DAWはCUBASE-LEがついてくるのが嬉しいですね。

コスパに強いオーディオインターフェースです。

サウンドハウス ZOOM (ズーム)UAC-2 オーディオインターフェイス USB3.0USB接続オーディオインターフェイス ¥22,356円送料無料


アマゾン価格 ZOOM (ズーム)UAC-2 オーディオインターフェイス USB3.0USB接続オーディオインターフェイス ¥22,356円送料無料

サウンドハウス ZOOM (ズーム)UAC-2 オーディオインターフェイス USB3.0USB接続オーディオインターフェイス ¥22,356円送料無料

楽天市場

TASCAM (タスカム)US-366-CU

サウンドハウス: TASCAM (タスカム) US-366-CU-¥17,820 税込送料無料

価格:1万8千円~2万円

入出力:切り替え式最大6IN6OUT

タスカムのUS-366もこの価格帯にして音質の良さで定評を得ているIOです。

DAWはCubase LE が付属。購入その日から曲作りができます。

嬉しいのがお得な値段なのにDSPがついている点です。リバーブエフェクトなどを低レイテンシーで使うことができます。

コンパクトで重さも500gほどなのでスタジオへの持ち込みやライブ使用でも活躍してくれそうです。

サウンドハウス: TASCAM (タスカム) US-366-CU-¥17,820 税込送料無料

サウンドハウス: TASCAM (タスカム)
US-366-CU-¥17,820 税込送料無料

アマゾン: TASCAM (タスカム)
US-366-CU-¥18,000円 税込送料無料

中価格帯の雄!スタインバーグUR-RT2!

サウンドハウス STEINBERG (スタインバーグ)UR-RT2 USBオーディオインターフェイス¥37,789円送料込み

価格:3万7千円~4万円前後

入出力数:4イン/2アウト

老舗の音楽制作ソフトCUBASEを発売しているスタインバーグの最新オーディインターフェース「UR-RT2」。洗練された高級感がありかつコンパクトなデザインはもちろん、定番の高音質マイクプリ「DPRE」を搭載しています。

スタインバーグの「DPRE」は有名ですね。

そしてトランジスタにはニーヴデザインのものを使用しています。ここが大きな特徴かと思います。

UR22MK2やUR28Mよりも高い価格帯のハイグレードモデルといった位置づけでしょう。

入出力数は4イン2アウトとなってます。[ad]

DAWを持っていない人にも嬉しいのがCUBASE-AIが付属している点です。こちらは有名DAWであるCUBASEの簡易版で、UR-RT2を購入したその日からDTMを始めることができます。

そしてIPADのレコーディングにも対応しているのが大きなメリットです。

現代の音楽制作を追求したデバイスとなってます!

おすすめです!

アマゾン価格STEINBERG (スタインバーグ)UR-RT2 USBオーディオインターフェイス¥37,789円送料込み

サウンドハウス STEINBERG (スタインバーグ)UR-RT2 USBオーディオインターフェイス¥37,789円送料込み

楽天市場

関連記事 スタインバーグのオーディオインターフェースUR-RT2特集!

UADプラグインも使用可能ARROWアロウ!

価格:¥58,000(税抜)(¥62,640 税込)~

入出力数:2イン/4アウト

下記のAPOLLO TWINは数あるオーディオインターフェースのなかでもその音質のクオリティと操作性の高さで確固たる地位を築いています。

そのAPOLLO TWINの超優秀な遺伝子を引き継ぎ、高品質で明瞭なサウンドを実現し安定性・操作性も保ちながらもさらにスマートにコンパクトになったIOがARROW(アロウ)です。

最高24ビット/192kHzの高音質のレコーディングや2イン/4アウトでバスパワーでの駆動、Thunderbolt™(サンダーボルト) 3対応など・・・・・

オーディオ業界の老舗でありながら最先端を行くユニバーサルオーディオの傑作オーディオインターフェースとなってます。

有名で超秀逸なUADプラグインが使えるのが嬉しいですね!

UADプラグインを使うための頭脳であるコアが1つのため、UADプラグインをバリバリに使い倒したミックスなどは厳しいかと思いますが、ボーカルのかけどりなど重宝するかと思います。

さらにUADプラグインを使用したい人はAPOLLO TWINシリーズの2コアや4コアなどが良いかもしれませんが高音質マイクプリでの録音をある程度値段を抑えて実現したい方などARROWは期待に応えてくれるかと思います。

アマゾン価格Universal Audio ARROW¥ 62,640税込送料無料

サウンドハウス UNIVERSAL AUDIO (ユニバーサルオーディオ) ARROW Thunderbolt接続オーディオインターフェイス 62,640円

楽天ショップ

ヤフーショッピング

関連記事 オーディオインターフェースARROW(アロウ)の魅力!

プロクオリティが宅録で!APOLLO TWIN!

価格:8万3千円-14万5千円くらい。値段は後述するDSP機能のためのコア数とアポロツインMK2かUSBかによって異なります。

入出力数:2イン/4アウト

アポロツインは非常に有名なオーディオインターフェースです。

音のクオリティの高さだけでなくUADプラグインが利用できるという大きなメリットがあります。

自分もスタインバーグのUR28Mからアポロツインへメインのオーディオインターフェースは移行しました。

WINDOWS環境なのでまずシルバーのAPOLLO TWIN USBを購入したあとにスタジオ据え置き用にパープルのAPOLLO TWINMK2を導入しました。

アポロツインの購入を考えたとき特にWINDOWSのPCにおいて動作環境の確認が重要です!

紫のMK2は現在、接続方式がThunderbolt3でUSBではないのでハードルが高いのでシルバーのAPOLLOTWINUSBという選択になることも多いかと思いますが、パソコンのスペックも確認が必要となります。

よければ記事まとめてますのでご参考までにご覧ください。[ad]

関連記事:APOLLO TWIN-MK2とアポロUSBタイプ購入!WINDOWS環境の注意点まとめ!

アポロはプロユースのモデルとしてのマイクプリの強さやクリアで解像度の高いモニタリングしやすい音質など驚かされました。

そして大きな魅力はUADプラグインです!

1176をはじめ、ビンテージの有名ハード機材をモデリングした超優秀なコンプやプリアンプやEQがほぼ遅延フリーでかけ録りできます!

とにかくUADプラグインのクオリティが素晴らしいです!

コンパクトなので持ち運びにも重宝しますね。世界的にも高評価の優秀なモデルでこの小さなボディにUNIVERSAL AUDIOの技術が叩き込まれています。

オーディオインターフェースとしておすすめです。

 UNIVERSAL AUDIO (ユニバーサルオーディオ) APOLLO TWIN MKII DUO ¥110,160 税込

UNIVERSAL AUDIO (ユニバーサルオーディオ)
APOLLO TWIN MKII DUO
¥110,160 税込

アマゾン価格: ¥ 110,160 通常配送無料

APOLLO TWIN USB接続オーディオインターフェイス¥94,791 税込

APOLLO TWIN USB接続オーディオインターフェイス¥94,791 税込

アマゾン価格: ¥ 94,791

関連記事 世界ヒットのオーディオインターフェースAPOLLO TWIN(アポロツイン)特集!

超高音質プロモデル!Babyface Pro!

価格:9万9千円~10万5千円

BabyfaceProはプロご用達のオーディオインターフェースです。

コンパクトでありながら視認性、操作性の高いスタジオクオリティの高音質を実現したオーディオインターフェースのBabyfacePro。

宅録はもちろんプロの現場にも耐えうるオーディオインターフェースです!RMEの歴史と技術が詰まったデバイスです!

値段はUSBタイプのオーディオインターフェースとしてはおよそ10万円台と高価格ですがプロ愛用者も多いBabyfacePro。

このオーディオインターフェース一台があれば音楽制作の強い味方となって活躍することと思います。

アマゾン価格: ¥ 99,800

サウンドハウス ¥92,408(税抜)(¥99,800 税込)

楽天ショップ【送料無料】

関連記事 RMEの 大人気オーディオインターフェースBabyface Pro 特集!

2020年最新オーディオインターフェースおすすめ!まとめ

安い価格帯でも優れたクオリティを誇るモデルからワンランク上の音質を求めたいミドルのもの、プロレベルの高品質さを追求したものまでひとえにオーディオインターフェースといえどスペックや特性は様々です。

  • 価格
  • スペック
  • 付属のDAW
  • 入出力数
  • DSP搭載

DTMの広がりや、各社のデバイスの台頭と競争によりこれからもオーディオデバイスの選択肢は広がっていくことでしょう。

DTMを行う上でもかなり重要なポイントとなるオーディオインターフェース。

自身の求めるDTM環境や予算に応じたそれでいてグレードの高い素晴らしいデバイスを見つけて最高の音楽を作っていきたいですね!

[ad]

RODE社はオーストラリアのサウンドデバイスメーカーで特にコンデンサーマイクが有名です。

高品質なコンデンサーといえばNEUMANN(ノイマン)社のスタジオやレコーディングの定番U87のマイクのように30万円やそれ以上の値段がするのも当たり前といえます。

コンデンサー NEWMANNU87Ai サウンドハウス

そういった高価なデバイスであるコンデンサーマイクの世界でRODE社のマイクは2万円~6,7万円くらいが中心。

とにかく廉価でいて他社の数十万円台のマイクと比較しても、そん色のない素晴らしい解像度と再現性、コスパの高さが評価されて世界で愛用されています。

なかでもNT1Aなど優れた音質に対してDTMや宅録初心者でも手に届きやすい価格帯ということで愛用している人も多いかと思います。

自分はロードのコンデンサーはNT2AとNT2000を所有しておりレコーディングで重宝してます。マイクの高いクオリティに対して圧倒的なコスパの強さは素晴らしいです。

今回はロードのコンデンサーマイクを用途や値段別に選び方を比較します!

マイク初心者が選ぶなら!ズバリNT1-Aがおすすめ!

価格:2万千円~3千円

RODEといえばコンデンサーマイク界に衝撃を与えたNT1が印象的です。

DTMや自宅でのレコーディング初心者の方でコンデンサーマイクを持っていない方は1本は欲しい・・・という欲求があるかと思います。[ad]

とはいえいわゆるハンドマイクといわれるダイナミックマイクに比べてコンデンサーは割高でいて湿度対策など扱いが少し難しくデリケートな機材です。

安いものを1本買って使ってみようかと思っても音質の悪いものは欲しくない・・・

そんな悩みもあるかと思います。

そういった方にはRODE (ロード) NT1-A がおすすめです。

価格としては2万円と少しくらいとなってます。その安さでいてコスパが良いという言葉では言い尽くせないレンジの広い収音やサウンドクオリティの強さで世界で称賛され価格破壊とまで言われているのがNT1です。

自分はNT2AとNT2000を購入しましたが、定評もあり値段も抑えたい、とりあえず一本初めてのコンデンサーを!という方にはNT1Aがおすすめです。

使い倒して2本目のコンデンサーという選択肢も良いかと思います。

お値段以上のパフォーマンス能力を味わえるかと思います。

RODE NT1Aサウンドハウス

アマゾンRODE ロード / NT1A コンデンサーマイク20,601円送料無料

サウンドハウスRODE (ロード) NT1-A ラージダイアフラム/コンデンサーマイク¥19,075(税抜) (¥20,601 税込)

RODEコンデンサーマイクNT1A-楽天市場

スポンサーリンク

数十万円クラスのクオリティ!RODEのNT2000!

価格:5万4千円~6万円

この一目でNT2000だとわかる丸いツマミが3つついています。それぞれが指向性とローカット、パッドを細かく調整できるのが特徴です。

マイク本体で微細な設定をコントロールできるのは嬉しいですね。

ボーカルレコーディングの出力調整でもマイクいじっていると変化が分かりやすいです。とにかく自由度が高いです。

自分はNT2Aも使用しておりNT2Aは高音が少し特徴があってシャリ感を感じますがNT2000はより原音に近い再現性を感じます。

価格帯は5万5千円~6万円台とRODE社のマイクのなかでは少々高めの設定かと思いますが、数十万円へたしたら数百万円のコンデンサーマイクの世界でこの音質の再現性の高さでこの価格というのは素晴らしいと感じています。

マイク本体は結構重たいのでマイクスタンドはしっかり固定させたいところです。

一つ上のクオリティを求めるかたはNT2000超おすすめです!

サウンドハウス RODE (ロード)NT2000ラージダイアフラム/コンデンサーマイク 53,784円
サウンドハウス RODE (ロード)NT2000ラージダイアフラム/コンデンサーマイク 53,784円

アマゾン 価格RODE (ロード)NT2000ラージダイアフラム/コンデンサーマイク

RODE NT2000楽天市場60,480円

とにかくコスパが強いRODE NT2A!

サウンドハウス RODE (ロード)NT2-Aラージダイアフラム/コンデンサーマイク 37,584円

価格:3万8千円~4万円

RODEのマイクはNT2000の他に自分はNT2Aを使用してます。

NT2の後継モデルのNT2Aはとにかくコスパの強さで評価され有名です。

価格帯は3万台にして感度のよさは驚異的かと思います。

スタジオの時計の秒針音、普段意識しないノートパソコンやミキサーの機動音もきっちり拾います。

ハイに少しシャリがあるのが音の特徴です。

安定感のあるSM6サスペンションホルダー

安定感のあるSM6サスペンションホルダー が付属しているのが嬉しいです。ポップガードもついてます。

NT2Aの感度の良さはある意味取り扱いの難しさとも言えますがこのコンデンサーは今や自分にとって大きな武器ですね。

現時点ではサウンドハウスのほうが送料考えると安いですね。

ワンランク上の音質で4万円以内の予算でコンデンサーを探している方はNT2-Aおすすめです!

サウンドハウス RODE (ロード)NT2-Aラージダイアフラム/コンデンサーマイク 37,584円

サウンドハウス RODE (ロード)NT2-Aラージダイアフラム/コンデンサーマイク 37,584円

アマゾン価格RODE-NT2-A 37,584円

RODENT2-Aコンデンサーマイク楽天市場

RODEの真空管コンデンサーK2!

サウンドハウス RODE (ロード)K2ラージダイアフラム/コンデンサーマイク ¥75,384円送料無料

価格:7万8千円~8万3千円

RODEのK2は真空管タイプでいわゆるチューブマイクとなってます。チューブマイクは温かみが強く押し出しの強い存在感のある音質が特徴です。

レコーディングを行うにあたり一本は真空管のコンデンサーがあれば音作りの幅と楽しみは圧倒的に広がるかとおもいます。

K2はその真空管の強さと低ノイズを実現した優れたコンデンサーマイクです。

楽器にボーカル、ジャンルを問わないあらゆるニュアンスに答えてくれる秀逸さに定評があります。

メインボーカルのようにとにかく主役を録りたい方おすすめです。

サウンドハウス RODE (ロード)K2ラージダイアフラム/コンデンサーマイク ¥75,384円送料無料


サウンドハウス RODE (ロード)K2ラージダイアフラム/コンデンサーマイク ¥75,384円送料無料

アマゾン価格 RODE (ロード)K2ラージダイアフラム/コンデンサーマイク

楽天市場RODE K2コンデンサー

スポンサーリンク

ボーカルから楽器まで!RODENT1000!

サウンドハウス RODE (ロード)NT1000ラージダイアフラム/コンデンサーマイク¥32,184 税込

価格:3万3千円~5千円

RODEのNT1000は3万円台にしてプロの現場でも使用される超低ノイズながら感度の高い芯のある録音が可能となってます。

ドラムのオーバーヘッドに、アコギにボーカルにあらゆる現場に対応可能なのがNT1000です。

サウンドハウス RODE (ロード)NT1000ラージダイアフラム/コンデンサーマイク¥32,184 税込

アマゾン価格

マイクの機能を最大化!リフレクションフィルターがおすすめ!

サウンドハウス SE ELECTRONICS (エスイーエレクトロニクス) Reflexion Filter Proアンビエントルームフィルター¥17,064 税込送料無料

いざレコーディングしてみるとなぜか音がくもる・・・理想のように音が抜けないなど録音の悩みも出てくるかと思います。

当然原因としては部屋やスタジオの防音環境やオーディオインターフェースの質、音の入り口部分となるマイクのクオリティなど高度なレコーディングを実現するうえでは要因は多々あります。

その中で音がこもる原因の一つとして反射音の影響も考えられます。

リフレクションフィルターは反射音などレコーディングの悩みにズバっと答えてくれる優れたツールです。

特に下記のSE ELECTRONICS (エスイーエレクトロニクス)Reflexion Filter Proはレコーディングのプロご用達といったもので定評があります。

リフレクションフィルターといえばReflection Filter Proといった印象でサウンドレコーディングなどあらゆる雑誌に登場しますね。

槇原敬之さんやRIZEのJESSIさんの特集でも使用されていました。

どの評価をみてもかたいです!

サウンドハウス SE ELECTRONICS (エスイーエレクトロニクス) Reflexion Filter Proアンビエントルームフィルター¥17,064 税込送料無料

アマゾン価格 SE ELECTRONICS (エスイーエレクトロニクス)Reflexion Filter Proアンビエントルームフィルター¥19,800円

サウンドハウス SE ELECTRONICS (エスイーエレクトロニクス)
Reflexion Filter Proアンビエントルームフィルター¥17,064 税込送料無料

関連記事 レコーディング環境向上!リフレクションフィルター特集!

RODEの秀逸コンデンサーマイク特集!まとめ

ひとえにマイクといっても様々な価格帯とクオリティや特性があるコンデンサーマイク。

ノイマンを中心に数十~数百万円のモデルのなか圧倒的なコスパの強さでマイク界に衝撃を与えたRODE社のマイクは必見です。[ad]

数万円という初心者でも手の届く価格で高サウンドクオリティを誇るRODE社のマイクはレコーディングの革命ともいえるかと思います。

一本RODEのマイクがあればレコーディングの幅は格段と広がるかと思います。

DTM初心者からプロのレコーディングの現場まで。

自身の求めるスペックや予算に合わせて豊富なコンデンサーからベストなものを選び使い倒したいですね!

スポンサーリンク